calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1575

ASSOS TIBURUGLOVES EVO7

火曜日の名古屋は夏日寸前まで気温があがり、まるで9月に戻ったような暑い一日でした。どうやら平日はこんな日が続くようで、このまま週末も晴れてくれればいいんですが、生憎土日のいずれかは雨が降るようで、しょぼん。そんな面持ちでパソコンに向かっていたので、どうやら周囲にも「今日のおいちゃんはどうも元気がなさそうだし、あまり機嫌がよくないみたいだなぁ」と思われていたようでした。ふふふ、おいちゃんの顔色を窺えるようになったとは、メンバーも社長も成長したもんだ、、、、反省 m(_ _)m

さて、こんな暑かった一日になんなんですが、夏以外の3シーズン活躍してくれるロングフィンガーグローブを探してきましたよ。


ASSOS TIBURUGLOVES EVO7

そう、安定の ASSOS グローブラインナップから、春秋用はあうたーとして、厳冬期はインナーとして活躍してくれる薄手のフリース素材のグローブ。旧モデルの INSULATOR 担っていた役割を引継ぎ、TIBURU の名を冠して登場しました。伸縮性に優れているので、すっきり細身のシルエットでフィット感も上々なので、デリケートなレバー操作にも支障はありません。


素材は Polyamid 85%、Elastan 15%なので、柔らかくてよく伸縮します。甲にはお馴染み ASSOS ロゴが地味ながらしっかり存在を主張していますね。


左カフには推奨使用時期 SPRING / FALL の文字が入り、、、


右カフには TIBURU GLOVE EVO7 とありますね。気持~ち、カフが短めのような気はしますが、厳冬期にはインナーになるので、多分オーバーシェルグローブがカバーしてくれることでしょう。


手の平側は最近の ASSOS のデザインモチーフのひとつにもなっている同心円状のグリッパーがプリントされています。パッドは入っていないので、もう少し振動吸収性がほしいなら、今の時期ならパッド付きのサマーグローブをこの上に重ねて装着すればいいでしょう。このスタイルは、かなり寒さが厳しくなるまで通用しそうなので、比較的長い期間アウターとして使えそうです。


ようやく人差し指と親指がタッチパネル対応に進化したのは福音。他のグローブが続々とタッチパネル対応になるなか、ASSOS ともあろうものがやや遅れを取っていて気掛かりでしたが、ようやく時代に追いついてくれました。これでいちいちグローブを外す必要がなくなりますね。


実際に装着してブラケットを握ると、かなりタイトフィットであることがわかります。これくらいフィットしないと風でバタつきますし、余裕があり過ぎてもレバー操作等で指先が滑ったりしますから、妥当なシルエットでしょう。


冬将軍が来日する頃にこれ一枚で対応するのは流石に無理ですが、その頃にはインナーグローブとして使えますし、今から使い始めればちょうどいい感じに手に馴染んでくれるでしょう。いろいろ迷っているおバカさんは、ぜひ購入候補に入れて下さい。

おいちゃんは「そろそろこれに変えようかなぁ~」なんてむふふとしていますが、例によって入荷数はやたらと少ないはずなので、気になったら即買いですよ。

【サイズ・素材】

サイズ(全長 / 甲周り / 手首幅;cm)

 XS 22 / 17 / 7
 S  22.5 / 18 / 7.5
 M  22.5 / 18.5 / 7.5
 L  23 / 19.5 / 8
 XL 24 / 21 / 8.5

素材 Polyamide 85% Elastin 15%

(from ASSOS, TOKYO Wheels)

※ TOKYO Wheels に取扱いがありました。

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back