calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1587

IRC FORMULA PRO TUBELESS RBCC, Light & X-Guard

日曜の名古屋は時折陽射しが顔を出す一日で、まずまずのおバカさん日和でした。今日は朝からせっせと家事をこなしつつ、身体の疲れを癒す一日にしたので、なんだか記事を書いていても眠気に襲われております。そのせいで、記事のところどころにおかしな記述があるかもしれませんが、まぁゆる~いブログなのでご勘弁くださいませ。

さて今日は、そろそろ次のモデルが出てもおかしくないんですが、2016年春に登場したロード用 TL タイヤを見てみますよ。


IRC FORMULA PRO TUBELESS RBCC, Light & X-Guard

ロード用チューブレスタイヤの先駆者である IRC が手掛けた FORMULA PRO TUBELESS がフルモデルチェンジを果たしのが2016年の春でした。旧型も RBCC, Light, X-Guard のラインナップでしたが、選手からのレビューでは「グリップ力とコントロール性能をもっと上げて欲しい」というものだったそうで、耐パンク性能の向上と併せて回答としたのが、今回のモデルです。


コントロール性能に関しては、旧型でスリックだったトレッドをご覧の杉目に変更することで対応しました。RBCC コンパウンドの性能だけでなく、トレッドパターンによるグリップ状態の変化などが重要なインフォメーションなんでしょうね。


トレッドゴムを旧型よりもワイド化したのも耐パンク性能の向上に貢献しています。


実物で確認してみようと思ってサイドビューを見てみました。言われてみればサイドウォールが少し狭いような気もしますが、、、よくわかりませんねw


開発には今や懐かしい VINI FANTINI の面々が関わってくれたようですが、レビュー内容を見る限り、たぶん相当シビアな評価だったのでしょうね。「ズルズルやん!」「コーナーで傾けたら内側にコケるって何なんよ!」「しばらく粘ると思ったら一気にスベッてコケるトリッキーなハンドリングは勘弁してくれや!」ってな声が多かったのでしょうか?(事情を知らない素人の勝手な推測ですので IRC の関係者の皆さん、本気で怒らないでくださいませ m(_ _)m)

ではまず、RBCC から見てみましょう。


IRC FORMULA PRO TUBELESS RBCC

RBCC はシリーズ中最高のグリップ力を発揮するモデル。旧型コンパウンドを改良し、ググッと路面を捉えるグリップ力を手に入れたそうです。


VINI FANTINI からのシビアなフィードバックが奏功してか、新しい RBCC には補強材として最新のシリカを採用してグリップ力を強化、旧型比 4%グリップが向上し、、、


逆に転がり抵抗は 10%も低減できたんだとか。コーナーでググッと倒しこんでも滑らず、立ち上がって思い切りモガくと、コロコロ転がる、まさに選手が求める性能を手に入れたのでしょう。

Cyclowired ではかの TAKASHI MIYAZAWA (宮澤崇史)氏のレビューがありましたね。結構エア圧によって印象が変わるようで、氏曰く「6気圧は安心感、7気圧は軽快感」で、グリップの良さは走り始めから「良い意味での粘り気を感じる」とのことです。その他のことはこちらから記事をご覧ください。

【スペック】

形 式 チューブレス
コンパウンド RBCC
ビード フォルディング
サイズ(重量/推奨気圧)
 700×23C(260g/6.0~8.0bar)
 700×25C(275g/6.0~8.0bar)
 700×28C(315g/5.5~7.0bar)

続いて、Light と X-Guard を見てみましょう。


IRC FORMULA PRO TUBELESS Light


IRC FORMULA PRO TUBELESS X-Guard

この2つのモデルに使われるコンパウンドは RBCC とは違うカーボンコンパウンドで、ASPITE PRO に採用されていたものです。なので、グリップ力と転がり抵抗は別モノなんですね。


グリップ性能は、RBCC よりは劣るようですが、低転がりコンパウンドより 7%高く、、、


転がり抵抗も 4%優れているとのこと。


氏のインプレッションでは、しっとりした印象だった RBCC とは明らかに違い、Light は乾いた印象だったそうです。

【スペック】

形 式 チューブレス
ビード フォルディング
サイズ(重量/推奨気圧)
 700×23C(245g/6.0~8.0bar)
 700×25C(260g/6.0~8.0bar)
 700×28C(5.5~7.0bar)


耐パンク性能を高めた X-Guard には Cross Guard ++ Technology を採用、強度の高い 40 x 40 tpi のナイロン繊維クロス織りメッシュベルトをなんとビードtoビードの広い範囲で補強しています。これでサイドカットへの抵抗値が約 40%向上しているとのこと。


メッシュベルトのおかげでケーシング剛性も高くなるので、X-Guard はパヴェを走る時でも大きな安定感を得られるそうです。ただ、やはりエア圧の調整は大切で、他2モデルよりも少し低めのエア圧にセットすることをおススメしていますね。

【スペック】

形 式 チューブレス
耐パンクベルト X-Guard
ビード フォルディング
サイズ(推奨気圧)
 700×25C(6.0~8.0bar)
 700×28C(5.5~7.0bar)


IRC FAST RESPAWN はパンク修理とエア充填を同時に行える瞬間パンク修理剤。これもあわせて手に入れておきましょう。詳細と使い方はこちらでご覧ください。

週末のトレラン主体のおいちゃんの場合、多分 RBCC か X-Guard のどちらかを選ぶでしょうね。X-Guard のほうが長持ちしそうなのは明らかなんですが、RBCC こそ FORMULA PRO の看板商品という気もするし、、、RBCC かな、やっぱり。これ履いて、どこまで倒したらスベるのか、ダウンヒルで試してみようかしら、、、ヤバそうな予感しかしないw

(from IRC, Cyclowired)

※ Amazon はこちら。左から順に、RBCC, LIGHT, X-Guard の2本組み+シーラントセット。リンク先でサイズが選べます。最後は FAST RESPAWN です。

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back