calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1592

MAVIC COSMIC ULTIMATE 2017

少々ご無沙汰しておりましたが、おいちゃんです。えぇ、ご想像のとおり伏せっておりました。風邪でしょうね、多分。今もまだ発熱中ですが、「いてもいなくてもいい頼りないPMでも、その肩書きがなければ進まない物事もありますので、這ってでもオフィスに来るように」というメンバーからのありがたいお言葉を頂戴しましたので、ふるふるしながら仕事してきましたorz はは、なに話したか覚えてないけど、よくわからないうちにミーティング終わってたみたい、、、なんか知らんが、仕事は回っているようですw

さて、そんな体調でもブログを書こうという見上げた根性を発揮してみましたよ。これでまた明日は欠勤だぁ~(やけくそだ)


MAVIC COSMIC ULTIMATE 2017 Yellow MAVIC

前モデルがデビューしたのが2014年でしたが、2年の時を経て2016年にアップデートされた MAVIC ロードシューズのハイエンドモデル。来シーズンも継続モデルとしてこのままいくようです。MAVIC COSMIC ULTIMATE といえば、一時は他社製品より先行するデザインと機能を誇り、MAVIC Yellow とともに市場を席巻した時もありましたが、昔日の勢いはやや陰り、モデルチェンジの歩みも他社より劣っている気もします。詳細を見てまだアドバンテージがあるかどうか確認してみましょう。


伸びやかなサイドビューはかつて名品と言われ、若き天才と讃えられた JAN ULLRICH の足元を支えた adidas のラストを受け継ぎつつ、爪先部分の高さを 3mm 高くして爪先にゆとりを持たせたとのことですよ。2000年前後のデザインがベースにあるとはいえ、いいものはいいのでしょう。ちゃんと改良もしているようですし、素人がどうこう評価できるもんじゃござんせん。


特徴その1。ENERGY FRAME CARBON の形状を変更、前モデルよりも縦横両方の剛性を強化したそうです。また、爪先に合わせてか、ヒールも 3mm 高くして、ENERGY LOCK CARBON COMP でしっかりホールドしてくれます。


特徴その2。クロージャシステムは MAVIC 独自の MAVIC ERGO DIAL Ⅱ. 前モデルではこれひとつとストラップの併用でしたが、新型では ERGO DIAL Ⅱ × 2 となりました。見た目にはかなり今風に進化しましたね。ここが一番変わったところでしょう。BOA の軍門に下る他社とは一味違いますが、性能差はどの程度あるのか、どちらのほうが操作性や快適性が優れているのか、興味津々ですね。


そうそう、ワイヤーを引っ掛ける部分に新たに追加されたのが SMART RELEASE といわれるパーツ。ダイヤルを操作しなくても、これをパキッと開けば一気に全開放となるそうです。脱ぐ時には便利でしょうが、開閉を繰り返すと破断するんじゃないかと、ちょっと心配も残ります。


特徴その3。ややぼってりした印象のアッパーですが、縫製ではなく熱融着を用いたボンデットアッパーデザインで軽量化を図ったとのこと(240g, サイズ 8.5, 27cm)。メッシュが各所に配置されているのも前モデルから継続のデザインですね。


そして、甲を守る ERGO 3D Tongue も継続です。確かこれ、前モデルでも前々モデルから継続だったと思います、、、ま、いいものはいい、ということなんでしょうけど、ちょっと進化が止まっている感もあってやや苦しいかw でも、前モデル履いた時、すごく気持ち良くフィットしてくれたことを未だに覚えていますから、やはりいいものなんでしょう。


インソールの ERGO FIT 3D+ ORTHOLITE も継続。アウトソール側をブラックアウトして違いを強調しているのかもしれませんが、構造、形状ともまんま同じものです。進化していないのね。


アウトソールは ENERGY FULL CARBON SLP OUTSOLE. やはり同じか、、、う~ん、、、クリート調整代は 6mm, スタックハイトは 7mm, 厚さは 5.5mm というこのフルカーボンソール、発表当時から基本デザインが2017年でも通じるほど優れていたと受け取るべきか、それとも研究開発が停滞していると見るべきか、難しいところですねぇ。

カラバリは2色です。

MAVIC COSMIC ULTIMATE 2017 White/Black

例によってスタンダードワイズモデルと、幅広用 MAXI (マキシ)モデルが用意されるようです。カラーは両方とも2色あるのかな?MAXI は Yellow だけのような気もします、、、購入時にご確認くださいませ m(_ _)m


サイズがこちら。小さくて見にくいですが、日本では 22~29cm まで、ハーフサイズも用意されているということです。でもネットショップでも結構 Sold out が多いので、気になるおバカさんは早めにポチるほうがいいでしょう。


ETIXX-QUICK-STEP や COFIDIS がレースに投入している以上、その性能や機能を心配する必要はないでしょう。ただ、基本設計年度が古いことが気になるなら、華麗にスルーでいいんじゃないでしょうか。ただ、ERGO 3D Tongue のフィット感が気に入ったなら、結構好きになれるシューズだと思います。他社のハイエンドシューズとは一線を画すみっちりした履き心地、一度は体験してみてください。

おいちゃん個人的には、すでに DMT RS1 にがっちり掴まれてますので、COSMIC ULTIMATE の神通力も通じませんよんw

(from MAVIC, Cyclowired)

※ Amazon はこちら。左:スタンダードモデル、 右:マキシ です。



※ こちらは楽天ショップです。スタンダードモデルは小さめサイズのみ、マキシも比較的小さめのみで残念。

MAVIC マビック Cosmic Ultimate コスミック アルチメイト イエロー/ブラック シューズ

価格:46,656円
(2016/11/8 16:01時点)




MAVIC マビック Cosmic Ultimate Maxi Fit ワイドタイプ イエローマビック/ブラック コスミック アルチメイト マキシ フィット ロードシューズ

価格:46,656円
(2016/11/8 16:01時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back