calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1596

COLNAGO CONCEPT

この土日、本当にいい陽気に恵まれた名古屋で連日レビューミーティングという憂き目に遭い、真っ白い灰になったおいちゃんです。沖縄では高岡さんが市民210kmで2連覇、通算4勝目を挙げるというご活躍だそうで、いたく感動しております。以前選手だったのでモノが違うのは当然なんですが、激務で知られる GS のフルタイムワーカーでありながらの快挙は称賛されて然るべきでしょう。おいちゃんも激務である点は向こうを張れそうですが、脚の生まれたての小鹿なので、まるで比較になりません。やるならやらねば、と思った日曜の夜でした。

さて今日は、初秋に発表されて散々な評判だった COLNAGO 初のエアロバイクを見てみましょう。


COLNAGO CONCEPT CHRD

フラッグシップの C60 と双璧を成す存在として既に発表された V1-r より、さらに TT バイクよりのフレームデザインを纏った COLNAGO 初のエアロロードバイク。古くからの COLNAGO ファンの記憶に刻まれ、全てが革新的だった CONCEPT の名を踏襲しつつ、最新のエアロダイナミクスを追求し、老若男女からお布施を集めるおつもりのようです。


1986年に ENZO FERRARRI とともに共同開発したカーボンフレームバイクが CONCEPT でした。BB 内装8段変速で FR ディレイラーなし、油圧ブレーキ仕様、インターナルケーブルルーティング、サスペンションシートポストというスペックは、発表から 30年経った今見るとその先見性に驚かされますね。この頃からず~っと写真撮る時はこのポーズなのねw しかし ERNESTO がお若い!

それでは、発表当時に散々な言われようだった新 CONCEPT のディテールを見ていきましょう。


まずはフォークから。伝統のストレートフォークは、全体の90%以上が薄いブレード状で、フレームと一体となった時のエアロダイナミクスが最適になるデザインとなっているそうです。


シートポストはまるっきり TT バイクのそれで、完全な専用品です。シートクランプはトップチューブとの接合部分に埋め込まれ、空気の流れを邪魔しません。


ブレーキはダイレクトマウントタイプをフツーの位置にセットすることを選択しました。エアロダイナミクスを考えるとフォーク裏とチェーンステー下にセットするという方式も検討したのかもしれませんが、そこは温故知新を地で行く COLNAGO, オーソドックスです。センターマウントタイプではないのは、エアロダイナミクスからの要求だけでなく、ハイスピードからの強力な制動力が必要になったこととも関係があるのでしょう。


BB は C60 から導入された COLNAGO ご自慢の THresadFit 82.5. 構造やらメリットやらなにやらはこちらをご参照くださいませ。


ケーブルはダウンチューブの上面から内側に引き込まれます。この場所でこの角度なら、紐組みでもそれほど引きが重くなるようなことはなさそうですね。


幅が広いダウンチューブに大書きされた COLNAGO のロゴと、現実にはなかなか履きこなせない BORA ULTRA 80 の組み合わせは、本当にド迫力ですね。この太さに負けないぶっとい剛脚がないと、なかなか乗りこなすことはできなさそうですし、似合わないでしょうね。

カラバリはフツーのものが4色、ART DECOR が2色です。


COLNAGO CONCEPT CHWH


COLNAGO CONCEPT CHBK


COLNAGO CONCEPT CHLB

ここから ART DECOR です。C60 のペイントでもお馴染みの Pana Paint の手によるものです。


COLNAGO CONCEPT CHDK

以下、ART DECOR の世界をお楽しみくださいw


う、美しい、、、


CONCEPT の名はここに入るんですね。


ハンドルバーは別売りだそうで、発表当時は発売・価格とも未定とのことでしたが、結局販売されるんでしょうかねぇ、、、ここまでキマるなら一緒に買わない手はないでしょうし。


ART DECOR だけに設定されたこの Piano Black とでも言うべきグロッシーな艶黒は、床の間に飾りたくなりますね。


上の写真と比較すると同じフレームとは思えないほど雰囲気が違うことがわかります。ART DECOR の名は伊達ではありませんね。この塗装だけでもお布施を積み増す信者が多いことも頷けます。


COLNAGO CONCEPT CHDB

流石にハイエンドモデルの C60 と同等の手の掛けかたとはいきませんが、それでもなかなか綺麗な模様を描いてくれているので、クラシックな佇まいが好きなおバカさんには人気が出るかもしれませんね。



ジオメトリはこちら。トップ 565 が欲しいおいちゃんは 54s ですね。

さて、COLNAGO がエアロバイクを造るとこうなった訳ですが、発表当時、信者達が随分シビアな評価を下していた記憶があります。まぁ世の「信者」といわれるほど熱狂的なファンの多くは「そもそもモノコックになった時点で COLNAGO じゃない」「COLNAGO はラグドフレームじゃなきゃダメ」なんて意見を述べるものなんでしょう。

他メーカーのエアロフレームと似たりよったりのデザインではなく、COLNAGO ならではの独自デザインが提案されるのを楽しみにしていたことの裏返しなのかもしれませんが、そもそも最近のエアロバイクのデザイントレンドがエアロダイナミクスデータに基づいている訳ですし、さらに UCI によるルールがデザインの自由を奪う訳ですから、独自デザインしろというのは最早ムリゲーでしょう。

それに、エアロフレームの本当の評価は、やはり走ってこそ得られるものでしょうから、これから発表されるだろうインプレッション記事を見てから自分なりにレビューすればいいんじゃないかな、なんてゆる~く考えてます。

【SPEC】

Wind-tunnel tested carbon frameset with truncated aerofoil tube sections, internal cabling and dedicated aero seatpost claims to save 20 watts at 50km/h against range-topping C60
Frame weight is a claimed 990g without paint, plus 400g for the fork
Direct mount brakes offer clearance for tyres up to 28mm (depending on rim choice)
Special composite headset cups absorb road vibration and isolate fork from frame
Colnago's own ThreadFit 82.5 bottom bracket shell claims to combine the best features of threaded and press-fit bottom brackets, and accepts all BB86 BBs

【価格】

CONCEPT(フレームセット、専用シートポスト付属)
価格:450,000円(税別)、CHDB[ブルー]は490,000円(税別)

CONCEPT DISC(フレームセット、専用シートポスト付属)
価格:490,000円(税別)、CHDB[ブルー]は540,000円(税別)

(from COLNAGO, FRIEND SYOKAI, BIKERADAR)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back