calender
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1600

SCOTT CADENCE PLUS & CENTRIC PLUS

やはり師走は慌ただしいですねぇ。先月末から風邪もひいていたこともあって、ずいぶん更新できませんでした。寝ている時に twitter のTL を見ていたら、このクソ寒い中、おバカさん達が元気に駆け回っている様子を見ては「、、、寒そぅ、、、」としか思えず、毛布を重ねて薬飲んでぬくぬくするしかできず、合間を見てはテキトーに指示をメールしてあとはメンバーにお任せというスタイルで激務を乗り切りましたわw ふふふ、確実に上司と部下から見放されたぞ、、、

ま、周囲の雑音は放っておくとして、今日はやたら冷却性能がよさげなエアロヘルメット2種類を見てみましょう。暑くなるまで絶対かぶれませんが、、、


SCOTT CADENCE PLUS & CENTRIC PLUS

MIPS 搭載でヘルメット非装着時よりも涼しいエアベンチレーション効果を実現したエアロヘルメット。エアロ効果がより高いロード用 CADENCE PLUS と、通気性に優れ MTB にも使える CENTRIC PLUS という2枚看板での登場です。まずは紹介動画をご覧ください。



MIPS 搭載してても通気性いいんですねぇ。MIPS 登場当初、インナーシェル構造がなにやらゴテゴテしてましたが、フィッティングシステムと連結したモデルも増えるなど、デザインは徐々に成熟してきたようです。ではオサライしましょう。


SCOTT CADENCE PLUS GREEN FLASH/BLACK

まず CADENCE PLUS. このヘルメットは既に ORICA BIKE EXCHANGE の面々が使用していたので、見慣れたモデルです。エアロヘルメットらしい全体的にまるーんとしたシルエットがすっきりした印象です。もうトゲトゲのヘルメットかぶっている時代じゃなくなりましたねぇ。


この形状は航空宇宙工学と流体動力学の権威であるリチャード・ケルソ氏 (The University of Adelaide) との共同開発だそうで、ヘルメット内外の気流を最適化してエアロ性能と通気性を高いレベルでバランスさせているとのことです。旧モデルとなる VANISH aero 比では、40km走ると最大10秒以上タイムを削り落し、冷却性能も 23%向上したそうです。


そして MIPS. すっかり収まりが良くなったものですねぇ。インナーパッドも薄そうなので、なんとなくクッション性は悪くなったような気もしますが、頭を守るためですからそのくらいは我慢しましょう。そうそう、「MIPS ってなんだっけ?今更聞けねぇ、、、」というおバカさんのために、わかりやすく説明してくれている動画も置いておきます。



ずる~んとずれて、頭を守ってくれる訳です。いいですねぇ、ずれ具合がw


ムキ身w フィッティングシステムと一体化しているので、快適性を犠牲にせずにより安全性が高まることを期待しましょう。


さてこの MIPS をはじめ、インナーシェル形状のデザインは、頭部の動脈と神経のマッピングに基づいているんだそうです。このイラストの赤とピンクが動脈で、オレンジが神経だそうで、こんな解析をした結果、フィット感と快適性、冷却性、そして安全性を考慮して先程見たムキ身とインナーシェル形状が決まったんですね。ちゃんと科学してます。


リヤビューもまん丸。パッと見、エア抜けはあまり良さそうではありませんが、前傾姿勢時(前傾角度 15°)にもっともエア抜けが良くなるようになっているようですので、これで大丈夫なんでしょう。昔のゲーム(DigDagって、わかる?)のキャラっぽく見えて仕方ないw わかるアナタはアラフィフ確定!


大きく開けられたエアインテークにはちゃんと蓋も付属してます。


蓋するとこう。荒天時やエアロ重視の TT とかはこれでいきましょー。


個人的に造りが親切だと思ったのが、このストラップの取り回し方です。アナログっちゃアナログなアジャスタですが、変に緩むこともなさそうだし、下手なバックルよりも確実に調整できていい気がします。

カラバリは4色です。


SCOTT CADENCE PLUS WHITE/BLACK


SCOTT CADENCE PLUS DARK GREY/RED


SCOTT CADENCE PLUS BLACK

【仕様】

サイズM, L

CONSTRUCTION: In-Mold Technology PC Micro Shell
FIT SYSTEM: HALO
APPROX. WEIGHT: 270g
++Aero Optimized
++MIPS with SCOTT AIR Technology
++Optimized Ventilation
++X-Static® anti-bacterial padding
++AERO Plugs

続いて、MTB にもいける CENTRIC PLUS です。


SCOTT CENTRIC PLUS BLACK/YELLOW RC

基本コンセプトは同じながら、こちらは通気性、つまり冷却性能に重きを置いたモデル。実は CADENCE PLUS よりも 20g軽い 250g なので、ロードで使うならヒルクライムとか酷暑時に使うのがお薦めでしょう。


エアインテークとアウトレットが増えたおかげで、ヘルメットを装着すると非装着時より 2%冷却効果が高いんだそうですよ。速度域が不明なのでなんともいえませんが、すくなくともダウンヒルとかで飛ばしたら頭は涼しいんでしょうね。エアロ形状になったおかげで旧モデル VANISH evo よりも 17%ものスピードアップを実現しているとかで、おったまげー(平野ノラ風でどうぞ)。


MIPS は CADENCE PLUS と同じデザインのようですね。


熱がこもりやすい頭頂部付近を中心に CADENCE PLUS よりエアアウトレットが増やされているのがわかりますね。これが通気性の良さの理由でしょう。なお、こちらには蓋はありません。雨が降ったら濡れてください。

カラバリはやはり4色です。


SCOTT CENTRIC PLUS GREEN FLASH/BLACK


SCOTT CENTRIC PLUS WHITE/RED


SCOTT CENTRIC PLUS BLACK

【仕様】

サイズM, L

CONSTRUCTION: In-Mold Technology PC Micro Shell
FIT SYSTEM: HALO
APPROX. WEIGHT: 250g
++Aero Optimized
++MIPS with SCOTT AIR Technology
++Optimized Ventilation
++X-Static® anti-bacterial padding

個人的には、せっかく買うなら今時の CADENCE PLUS DARK GREY/RED にします。軽さや涼しさよりも「見た目」ですw

(from SCOTT JAPAN, CYCLE SPORTS, Cyclowired, ROAD.CC, CYCLINGTIPS)

※ 楽天ショップにありました。

SCOTT スコット CADENCE PLUS ヘルメット アジアンフィット 250026

価格:27,497円
(2016/12/8 15:47時点)




SCOTT スコット CENTRIC PLUS ヘルメット アジアンフィット 250023

価格:28,523円
(2016/12/8 15:47時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back