calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

1607

RH+ RH863 OLYMPO Air X

ご無沙汰しております、おいちゃんです。ようやく新年が完全に明けた感じになり、徐々に平常?進行になってきたので、やっとブログを書けるようになりました。これからも不定期ながらも時々記事をアップできるよう頑張ります。ということで、久々の今回は気になっているアイウェアを見てみます。


RH+ RH863 OLYMPO Air X

Synchro Swing Lens System を採用し、片方のレンズを操作するだけで両方のレンズを開閉できるアイウェア。トンネルが続く山岳コースを走る人や、ヒルクライムなどでレンズが曇っても一気に視界を確保できるのがウリですね。では紹介動画をご覧ください。



最近はテクノロジーでレンズの濃淡を切り替えることができるアイウェアも出てきましたが、それと匹敵する機能をアナログで実現できるところが地味ながらもイイ味出してくれてますね。こういうの嫌いじゃありません。ではディテールを見てみましょう。


Aqua Blue のパーツが最大の特徴である Synchro Swing Lens System です。左右のレンズを繋ぐコイツがフレームに内蔵されているんですね。


フロントフレームに Synchro Swing Lens System が搭載される関係上、どうしても造りがゴツくなり、重さ 37g となるのはやむを得ないところでしょう。最新の超軽量アイウェアが 20g 台前半で、そこそこのモデルでも 30g 前後、ということを考えるとちょっと重いですが、仕方ないと割り切りましょう。それより、このスタイルで机上とかに置かない方がいいでしょうね。何かの拍子に手で潰してしまいそうでコワいw


zerorh+ 改め rh+ とブランドネームが変わったのに連れ、レンズの名前も SEE HD(High Definition) レンズと変わりましたが、ポリカーボネート製であることは変わらず、例によって耐久性とプロテクション性能に優れたものです。当然 UV プロテクションも完璧。Multi Fit Bridge Nose とは、チタンベリリウムでコーティングした低アレルギー性のシリコーンノーズピースで可動式。顔とレンズとの距離と鼻梁の幅に合わせて調整できます。



伸縮式の Sports Grip Temple でテンプル長も最大 6mm 調整できるので、大きなお顔でもフィットします。

これまで使った写真は White / Red のモデルですが、このカラーは2017年モデルではカタログから落ちてしまったので、カラバリは4色、、うち調光レンズモデルがひとつ用意されています。


RH+ RH863 OLYMPO Air X 11 Matte Black / Yellow Fluo (Mirror Silver(19%) + Clear)


RH+ RH863 OLYMPO Air X 12 Matte Black / Red (Mirror Red(14%) + Clear)


RH+ RH863 OLYMPO Air X 13 Matte Black / Light Blue (Mirror Blue(17%) + Clear) Limited Collar


RH+ RH863 OLYMPO Air X 26 Matte Black / Black (Varia Gray(12-35%))


RH+ RH501 CLIP-ON が装着できるので、おいちゃんのようにコンタクトを使えない老眼にはありがたい限りです。勿論近視の方も大丈夫。しかし、レンズ間のつなぎがちょっと心許ないのが心配っちゃ心配なのと、左右にガードが付いているので、外側レンズとの接触は想定内であることが窺い知れます。


Synchro Swing Lens System が搭載されている以上、調光レンズモデルは選ぶ意味があまりなさそうですねぇ。調光レンズは2,3年使い続けると経年劣化で薄く戻りにくくなりますし、車などで直射日光に当てたまま放置するとダメになっちゃう等、扱いにも注意が必要ですから、ここはひとつミラーレンズモデルで決めたいと思います。

【仕様】

フレーム素材 Grilamid Titanium
レンズ仕様 PC製レンズ
レンズサイズ 71 x 40 mm
テンプル長 120mm
ブリッジ幅 6mm
重量 37g

(from rh+, VITTORIA JAPAN, KINEIDOU, CYCLE SPORTS)

※ Amazon はこちら。基本的には取り寄せ対応のようですので、気長に待ちましょうw



※ ここから楽天ショップです。こちらも取り寄せ対応ですね。

zerorh RH863 OLYMPO Air X 13マットブラック/ライトブルー サングラス

価格:22,032円
(2017/1/22 16:41時点)




zerorh RH863 OLYMPO Air X 12マットブラック/レッド サングラス

価格:22,032円
(2017/1/22 16:41時点)




zerorh RH863 OLYMPO Air X 11マットブラック/イエローフルオ サングラス

価格:22,032円
(2017/1/22 16:42時点)




zerorh RH863 OLYMPO Air X 26マットブラック/ブラック サングラス(調光レンズ)

価格:23,846円
(2017/1/22 16:42時点)




rh アールエイチプラス RH501 CLIP-ON クリップオン

価格:5,630円
(2017/1/22 17:11時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。