calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
177

VITTORIA HORA EVO 2013

今日紹介するのは、
イタリアで手作りされる最高級レースシューズ
VITTORIA の2013年モデルの情報です。


VITTORIA HORA EVO Yellow 2013


VITTORIA HORA EVO Black 2013

2012年のハイエンドモデル HORA をベースにした
新型シューズ。アッパーには HORA にはない新たな
エアベンチレーションが開けられています。

詳細は不明ですが、おそらくは軽量化もされている
ことでしょう。

基本的なテクノロジーは HORA と同じようなので、
ベースモデルの HORA について見てみましょう。


VITTORIA HORA White

Micrometric Cable Closure や Auto-Shaping
Carbon Fiber など、数々のテクノロジーを結集
した2012年の最高級ロードシューズです。

Fumi やダニエル・マーチンなどのトッププロも
愛用しています。


ANATOMIC
ADJUSTABLE CLOSURE

2012年モデルから採用された新型バックル
アジャスター。ワンプッシュで簡単に締め付け
具合を調整できます。


Micrometric Cable Closure

締め付けとゆるみを細かい段階で調整可能な
ギヤ式のケーブル巻上げクローザー。
ボタンをワンプッシュすれば解除可能です。


UD CABON SOLE

UD carbon sole air system `Freccia Tricolore”
は薄さ3mm。足への負担を減らすと同時に、最高の
剛性を保証します。

特別なクリート固定穴によって横方向の調整も
可能です。クリート固定部周辺の特別加工により、
クリートのずれを防ぎます。


VITTORIA HORA Black

カラーは白黒2色展開です。
このモデルなら白を選ぶべきでしょう。

SIZE 40 40.5 41 41.5 42 42.5 43 43.5 44 44.5 45
UPPER Microfiber Tech High density nylon mesh, automodeling carbon insert.
New Pebax spur, ventilated and anti-tendonitis.
SOLE Full Carbon UD sole Air System “Freccia Tricolore”
48-49 Vittoria Lightech Carbon
WEIGHT 307 g (half pair size 41)

2013年、VITTORIA はヘルメットの分野にも参入
するそうです。詳細がわかればご紹介します。

(from BIKERADER, CYCLE SPORTS, Cyclowired.jp, DIATECH PRODUCTS

【VITTORIA◆ビットリア】 ロード用カーボンソールシューズ HORA

価格:35,700円
(2012/8/7 23:33時点)




大英帝国の世界制覇が続いています。
今度は男子スプリントでケニーが金メダルを獲りました。


Kenny's sprint win made gold medal number
five for Team Great Britain

サー・クリス・ホイを退けて代表に選ばれたケニー。
双肩に圧し掛かる重圧は凄かっただろうに、
それを跳ね除けて見事優勝しました。
決勝相手はボジェですから、真の王者といえます。


Kenny looks back at Phillips of Trinidad &
Tobago

準決勝は意外な相手でしたが、きっちりと
目で殺してますね。


Perkins winds up the sprint, but Bauge
would take the win

一方のボジェもオーストラリアのパーキンスを
一蹴していよいよ決勝戦です。


Bauge tried a couple different tactics.
But ultimately Kenny had the raw speed

ボジェなりにいろいろ仕掛けましたが、
今のケニーには通じませんでした。

体つきだけ見ればボジェのほうが優位に
思えますが、ケニーのキレ味のほうが勝った
わけです。


Bauge, Kenny and Perkins

サーと同じように世界にその名を轟かせる活躍を
見せることができるか、童顔ケニー。
まずはオリンピックチャンピオンの栄誉を手にしました。
これからの活躍が楽しみです。


続いて、男子オムニアム6種。


優勝したラッセ・ノーマンハンセン(デンマーク)

250mフライングTT4位、ポイントレース2位、
エリミネーションレース12位、個人追い抜き1位、
スクラッチレース6位、1kmTT2位という成績で優勝しました。
まさにトラックの王者ですね。

スクラッチレースでは途中で落車しながらも、
諦めずに全力でもがいた甲斐があったというものです。
何事も諦めてはいけませんね。


1位 ラッセ・ノーマンハンセン(デンマーク)
2位 エドワード・クランシー(イギリス)
3位 グレン・オシェア(オーストラリア)

やや地味ですが、大英帝国はここでもきちんと
銀メダル確保してます。

しかし、イギリスは本当に強いですね。
地元開催が決まってからの計画的な強化が見事に
花開いています。

PM成功事例として研究してみようかしら、、、
なんて思ってしまいました。
ま、気楽に楽しみます。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back