calender
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
193

MAXXIS Radiale TL Radiale Tubeless

TU こそロードタイヤだとずっと思っていましたが、
最近ではチューブレスも気になり始めています。

そんなところに、MAXXIS が世界初となる
ラジアルケーシングのチューブレスを発売すること
になったので、早速見てみましょう。


MAXXIS Radiale TL Radiale Tubeless

マキシスが持てる技術を余すことなく投入した
世界初のラジアルチューブレス・ロードタイヤ。

ラジアルケーシングの採用により、走行中のたわみを抑え、
軽快かつシルイーな乗り心地と推進力を総合的に高い次元
で完成させたのが最大の特徴とのことです。。


Radiale Tubeless Road TEchnology

カーボンファイバービードとビードクッションの採用により、
チューブレスロード最大の弱点であった空気圧の保持と
タイヤの着脱等のメンテナンス性の悪さを改善することに
成功したそうです。

要はビードを嵌めやすくなった、ということでしょうか。
確かに、チューブレスは嵌め外しに一苦労しますから、
もしこれが本当なら朗報でしょう。


総合評価

この場合、比較対象製品を知りたいですね。
もっとも、チューブレスなんでユッチンソン
とか IRC あたりでしょうか。


転がり抵抗

6~25%も競合製品より低いなんて、
なにかの間違いじゃないかと思えるほどです。
ここまで差があるものでしょうか、、、
ちょっと眉唾。


空気保持率

これも20~25%も長持ちするそうですが、、、
車の10モード燃費(ふ、古、、、)と同じで、
カタログ数値と実感値に大きな違いが出そうですね。

いいことづくめの宣伝文句が並んでいるので
鵜呑みにはできないなぁという印象です。

9月中旬発売予定なので、
それ以降にまたインプレ記事など探してみます。

(from MAXXIS)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back