calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
210

WILIER TRIESTINA CENTO 1 SR

今日紹介するのは、すでに今年のツールで
デビュー済みでしたが、ずっと紹介できずにいた
注目のバイクです。


WILIER TRIESTINA CENTO 1 SR

ペタッキがツールで乗った WILIER の最新マシン。
トップチューブにはこのフレームに搭載されている
テクノロジーが誇らしげに記されています。

60tのハイモジュラスカーボンですから、DOGMA と
ほぼ一緒のグレードですね。


ツールでペタッキが乗った実車

相変わらずシートが高くハンドルバーが遠くて低い
ポジションですね。ただでさえトップチューブが長め
なジオメトリなのに、ステムは130mm以上?ありそう。
ポジションだけで常人離れしていることがわかります。


BB には BB386 EVO を投入


今や常識?アシンメトリーのチェーンステー


RDのケーブルルーティングはチェーンステー
の中を通りエンドから外に出される


これも常識、テーパードヘッド


ヘッドチューブのブランドバッジ下から
トップチューブ上部に切れ上がるペイントが
躍動感を期待させる


見るからに頑丈そうなフォルムのフォーク


フォーククラウンがヘッドチューブとダウン
チューブに溶け込むようなデザイン


スクエア形状のシートマストは1つのボルトで
留める新型の Ritchey SuperLogic を採用


シートステーは偏平モノステーを廃し
幅を広くとった2本タイプに変更
強烈な脚力にも負けない剛性はそのままに
快適性も重視


シフトケーブルはここからチューブに引き込まれる
整備性を考慮して開閉式になっている
Di2 や EPS の場合、ここがどう変わるか楽しみ


ダウンチューブ裏側のBBのすぐ上に
バッテリーマウントが用意されている


ペタッキの名前はシートステーに刻まれている


BB下のーブルルーティングガイドも
インテグレートデザインされている


リプレーサブルドロップエンドが
本気で戦う機材であることを物語る

今まで見てきたモデルカラーは Yellow Fluor ですが、
この他にも4色のバリエーションがあります。


Green Fluor


Green


Lampre


Matte Black


日本に全色入って来るかどうかはまだわかりませんが、
個人的には Matte Black がいいかなぁ。
早く実車を見てみたいですね。

(from BIKERADER, cyclingnews, Cyclowired.jp)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back