calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
307

EDDY MERCKX EMX-525

EDDY MERCKX といえば、泣く子も黙るハンニバルという強烈なイメージがあります。だから、彼が造るフレームに対しても貧脚の私は腰が引けてしまいます。

きっとカッチカチなんだろうな、、、
踏み負けて美味しいところなんか味わえないんだろうな、、、
C59 みたく、固くて重くて、M 気質じゃなきゃ耐えられそうもないでしょ、、、

なんてイメージばかりです。

年々高剛性化してゆくフレームたちに対し、年々衰えてゆく体力との兼ね合いを考えざるを得ないおいちゃんとしては、とりわけ MERCKX のフレームは手強そうなのですよ。そんなイメージが先行する2013年のフラッグシップモデル、果たしてどんな性質なんでしょうか。早速見てみましょう。


EDDY MERCKX EMX-525 Red/White/Carbon Campagnolo Record EPS Compact

う~ん、、、、なんと言えばいいんでしょうかね。ガンダム?チックな雰囲気が横溢していますが、MERCKX らしいといえばらしい造形です。せっかくEMX-7 で得た滑らかな造形をあっさりと捨て去って、オリジナリティを感じさせる彫刻的なフォルムをまとった2013年のフラッグシップモデルです。


フレームセットになると独特の形状がよくわかりますね。ほぼ真っ直ぐなダウンチューブは凶暴さを感じさせるほど太くなっています。リア三角などは一辺たりとも真っ直ぐなラインはありません。カクカクした輪郭の各チューブですが、設計コンセプトである「ライダーの力を逃がさず、すべてをコントロールできるパワーを備えること」を具現化するために必要なものだったのでしょう。これにより、市販バイクの平均的な剛性値より、ヘッドチューブ周辺では67%、BB周辺で50%上回るほどの剛性を手に入れています。


テーパード形状のヘッドチューブは1 1/8 – 1 1/2 。フォークがヘッドチューブとダウンチューブに埋め込まれるような形状になっていて、高剛性とエアロ効果の両方を狙っているのが見て取れます。もっとも、エアロ狙いというには太過ぎますけどね。


そしてヘッドチューブ形状の延長線上にフォ-クブレードが伸びていき、途中で大きく幅を広げています。


このあたりは、どっかで見た(ムセーウバイクだっけ)形状ではありますが、ベルギーバイクが似た形状になっているということは、パヴェ対策でこんなんなっているのでしょう。フォーク途中で2カ所カクカクしてますから、振動減衰に役立つのでしょうね。一時期は PINARELLO の ONDA モドキのフォークと揶揄されてましたが、今度は同国同士ですし、なんといっても MERCKX なので、いかにムセーウといえども文句は言わないでしょう。


ダウンチューブはスクエア形状で文字通りの「太っ腹」。パワーラインの太さは史上最太レベルではないでしょうか。シートチューブは前後方向に幅広く偏平加工されています。ちょっと見にくいですが、トップチューブは逆三角形形状になっていて、快適性に貢献しているようです。


シートクランプ周辺の形状はまさにガンダムチックです。複雑な角度を描くチューブ達が集合するこの部分は、様々な方向からの入力に耐える必要がありますが、60tクラスのカーボンですから「どっからでもかかってきなさい。フッ」的逞しさを感じさせます。


シートステーとチェーンステーはスクエア形状でカクカク曲がりまくっています。シートステーで振動減衰を、チェーンステーでパワー伝達性と路面追従性を追求し、アシンメトリーなのもお約束通りです。また、シートチューブの下半分を削り、リアセンターを詰めているのはちょっと前に流行った手法ですが、これで反応性を高めようとしているのでしょうね。剛脚スプリンターが勝負をかける時の爆発的な入力に対して、間髪入れずに反応し、全てを推進力に変えるための設計が施されているというわけです。


EDDY MERCKX EMX-525 Black/White/Carbon Campagnolo Record EPS Compact

カラーリングはこの2種類で、電動コンポ専用フレームというのがなんとも残念です。なお、写真の Record EPS 以外にも、Shimano Ultegra Di2 Glossy Compact, Campagnolo Athena EPS Compact などの電動コンポとのアッセンブルも用意されています。

でもねぇ、、、MERCKX なんですよねぇ、、、いいフレームだとは思うんですが、私の貧脚がこれに乗るのを許してくれないように思えて仕方ないんですよねぇ。それに、あか抜けないのも MERCKX らしくてねぇ、、、このあたり、うまく仕上げてくるイタ物には、まだまだ敵わないというのも、食指を伸ばしにくいところです。でも、剛脚の方で、勝てる武器が欲しい、という方にはタマラナイ魅力があります。



関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back