calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
400

BIANCHI OLTRE XR

次のフレームが未だに決まらない中、突然候補に上がってきたのが BIANCHI. PINARELLO, DE ROSA, COLNAGO と並ぶ老舗でありながら、このところちょっと評判が芳しくなかった期間があったんですが、ここ数年で再び盛り返してきた印象があったんですけど、2013年モデルはなにやら評価が高いようで、俄かに候補に上がってきた訳です。早速見てみましょう。


BIANCHI OLTRE XR

2012年モデルの OLTRE と同形状ながら、ダウンチューブからチェーンステーまでのパワーラインの素材の選択とカーボン積層の見直しによって、20%の剛性強化と30gの軽量化を果たした進化形。下側のベアリング径は1-1/4インチになったテーパードタイプにより、アワーグラス状に成型されたヘッドチューブが印象的です。中間部がくびれ、エアロ効果も高めています。


しかし、このヘッドチューブのボリュームと形状はすごいですね。もうちょっと寄って見ると、、、


ヘッドチューブの内側部分はフィン状になっていますね。チューブの上下部分の厚みからはカーボン積層の厚みが感じられます。また、ケーブルの引き込み位置がちょっと特徴ありますね。フレーム内蔵式は乱雑にハンドルを切ると根元からポッキリ、なんてトラブルも稀にあるので、この位置なら曲率が小さく済み、トラブルにはならないとの判断なのかもしれません。


フォークはストレート形状なのでハンドリングはクイックでしょう。PINARELLO ONDA フォークとは真逆のアプローチです。


ショルダー部にもフィンがあります。この辺りは空気の流れが乱れやすいところなので、各社ともなんらかのギミックを投入してきますね。BIANCHI の回答がこれだったのでしょう。


パワーラインの主役ともいえるダウンチューブは結構なボリュームです。地面側にはブランドマークのイラストが入ってアーティスティックな雰囲気を醸し出しますが、デフォルメされていてちょっとマンガチックなのはいただけません。このフレームは、OLTRE の書体とイラストがちょっと価値を毀損していると思います。


そして、パワーラインのもうひとつの主役、見事なカーブを描くチェーンステー。パワー伝道効率と路面追従性を確保しています。


BB30を包み込むハンガーシェルを中心に、ダウンチューブとチェーンステーが滑らかにつながる形状もこのフレームの特徴のひとつです。ゴツいの一言に尽きます。


このシートステー、面白いですね。扁平加工されたうえ、一見するとモノステーにも見えますが、ブレーキアーチより少し上の所で2本の極細ステー(UTSS ; Ultra Thin Seat Stay)へと変化しています。快適性を確保しつつ、幅を広げることで横剛性も犠牲にしないようにしている模様です。この写真では少しわかりにくいですが、トップチューブの細さも相当のものです。トップチューブとシートステーは、振動吸収性と快適性を担当しているんですね。


ブレーキマウントの支点、何故かデベソになっていますね。剛性を確保するためには必要だったのでしょうが、デザイン的には消化不良な印象です。


UTSS, 本当に細いですね。チェーンステーとの対比がその細さをより強調しますが、1cm 径位じゃないでしょうか?スチール並みの細さですね。


こちらはエアロ形状のISPっぽいシートポスト。ISP じゃないところは身体の仕上がり具合次第で上下させたい人に支持されるでしょう。シートチューブはリアタイヤに合わせてカットされた形状で、エアロしてます。


シートクランプもちゃんとエアロ。デザインは破綻していません。


このシートポスト、ヤグラ部分までワンピース成型されているようですよ。


完成車の場合、FSA K-Force Carbon ハンドルバーもきっちり Celeste でコーデされています。


カタログでは完成車仕様はこんな感じのラインナップになっています。


BIANCHI OLTRE XR Super Record EPS !!SP Compact


BIANCHI OLTRE XR Ultegra Di2 10SP Compact


BIANCHI OLTRE XR Dura Ace Di2 11SP Compact

この他、紐の Super Record や Atehna EPS, 紐の Dura Ace のアッセンブルもあるようです。しかし、Super Record EPS の完成車が120万円超ですか、、、DE ROSA 買った方が良くね?って感じです。いえ、買えませんけどね。ここまで高額になってしまいますか、、、フレーム買いして、徐々にパーツをグレードアップする手しかオーナーになれる道はなさそうです。ただ、ちょっと食指は動いた、かもしれません。黒なんかいいかも、、、

(from BIKERADER.com, CYCLEUROPE, CYCLE SPORTS)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back