calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !
QR code
QR
counter

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

417

SCOTT AERO ROAD HELMET 2013

本格的なレースシーズンがやってきて、新機材が続々リリースされますね。新し物好きな私としては気になるものも多くあるんですが、今年は選手の頭に注目しています。そう、エアロヘルメットです。なんだか坊主頭っぽくてアレなんですが、ま、流行りということもあるので見てみましたよ。


SCOTT AERO ROAD HELMET 2013

極寒の MILAN-SAN REMO で目についた SCOTT の新型エアロヘルメット。エアインテークが少ないおかげで熱の籠りがちなアウターシェルですが、この時ばかりはその保温性?に注目した ORICA GREENEDGE の選手たちはこれを被り続けていました。


ウェアといい、防寒用ヘルメットに見えますね。


サイドビューを見ると、ベースモデルは多分この VANISH EVO でしょう。他社のエアロヘルメットと同じように、アウターシェルをメリメリ剥がし取って、代わりにエアインテークを塞ぐエアロシェルを貼り付けたのでしょう。




後頭部のシェイプは VANISH EVO とは違いますね。エアアウトレットが大きく取られているようです。


しかし、一昔前のヘルメットみたいに「戴っかってます感」あり過ぎ。既製品のヘルメットをベースにしてチョチョッと手直しした成り立ちのようなので、最初からエアロヘルメットとしてデザインされていない分、やむを得ないのでしょう。


エアロシェイプなので当然ですけど、VANISH EVO の特徴である頭頂部周辺の角は取られているようですね。


ディープホイールを履いた FOIL との組み合わせは流石のマッチングを見せます。少し前のロングテールタイプのエアロヘルメットを被った見た目は相当インパクトがあったものですが、これなら週末に強度の高いトレーニングの時に被っても、まあなんとかいけるんじゃないでしょうか。


VUELTA AL PARIS VASCO ではステージ二連勝を飾るなど、GREEN EDGE はなかなか好調のようです。フミの活躍が待ち遠しいですね。

さて、このヘルメットの正式なリリースがあるのかどうかはまだわかりません。そのうち何か情報が出てくると思いますので、その時にはまた追記します。

(from Bikerader.com, Cyclowired.jp)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。