calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
422

SCHWALBE ULTREMO ZX, DURANO & DURANO PLUS

Paris - Roubaix, 面白かったですね。普段とは違う戦略で戦わざるを得なかったカンチェですが、強かに勝ち取ったのは流石でした。レースサマリは後ほど記しますが、見事三勝目をあげたカンチェの足元を支えたタイヤメーカーが、SCHWALBE です。実際にカンチェが履いていたタイヤは、特別仕様の27mm幅 Paris - Roubaix TU なんですが、フツーのラインナップの中から私達に手が届くタイヤをざっと選んでみましたよ。今回は、パヴェやロングライド時にピッタリで、最近流行りのエアボリュームが多い 25C サイズにフォーカスしてみました。


SCHWALBE ULTREMO ZX 700 x 25C


決選用ということで、スピード性能、グリップ力、耐久性は最高レベルですが、重量が嵩む耐パンク性能はちょっと劣るようです。でも、ハイテク繊維を使用した V Guard で耐パンク製を向上させ、転がり抵抗も抑制したとは謳っています。


SCHWALBE ULTREMO ZX 700 x 23C

こちらはなんと10色ものカラーラインナップが揃う23Cです。ユーザレビューでは 4回/10,000km ものパンクを経験したので凹んだとの声もありますが、路面が綺麗なクリテなどで、決選用なら相当軽快な走行感が得られるということです。これだけのカラーがあれば、ご自分のフレームとのコーデもキマるでしょう。


う~ん、見た目はなかなか麗しいですね。一回走れば終わりでしょうけど、White もいいもんです。


でも、決選というステージに参加することがないサイクリストには、もっと丈夫なタイヤのほうが適しているでしょう。それが、こちら。


SCHWALBE DURANO Black

純粋なレーシングタイヤである ULTREMO ZX よりも耐久性、耐摩耗性に優れ、ロングライドには最適でしょう。


これがその秘密、TaceGuard. これがあるおかげで、パンクしにくくなっているんですね。その分重さは増しているので、軽快な走行感という点では ULTREMO ZX には及びませんが、ロングライド用タイヤとしては走りやすいレベルを叶えています。


SCHWALBE DURANO CREAM との2色展開です。こちらロードよりスポルティフに履かせたくなりますね。


そして最後に、何よりも丈夫さを重視したタイヤが、こちら。


比類なき耐パンク性能を誇る SmartGuard ベルトを採用しています。ULTREMO の軽快な走行感は望めませんが、オフロード走行が想定されるようなロングライドでも、これを履いていれば安心感が違います。でも、そうは言っても、パンクする時はパンクしますけどね。あ、そういえば、これ、ジテ通には最適でしょう。


エアロ性能の観点から注目される 25C サイズのタイヤですが、豊かなエアボリュームと丈夫な構造のおかげで快適なサイクリングが楽しめるということも、改めて認識しました。決選がなく、身体に優しいほうがいいお父さんにとっては、結構いい選択だと思いますよ。

(from SCHWALBE)

※ 700 x 25C 左から ULTREMO ZX, DURANO Black, DURANO CREAM, DURANO PLUS



Schwalbe シュワルベ ULTREMO ZX アルトレモゼットエックス 700×25C

価格:4,200円
(2013/4/8 16:56時点)




SCHWALBE 「シュワルベ」DURANO / デュラノ [700X25C FD] (タイヤ)

価格:4,252円
(2013/4/8 17:00時点)




SCHWALBE 「シュワルベ」DURANO PLUS / デュラノプラス [700X25C] (タイヤ)

価格:5,292円
(2013/4/8 17:00時点)





ここからは 700 x 23C です。本文の主旨とは違いますが、よく使われるサイズです。路面状況が良くて、100km未満の走りなれたコースを走るなら、このサイズの方が軽快に走れると思います。

<ULTREMO ZX>

※ 一段目 左から順に Black, White stripe, Silver stripe, Yellow Stripe, Red Stripe
  二段目 左から順に White, Blue stripe, Orange Stripe, Green Stripe, Pink Stripe





☆特価品/シュワルベ SCHWALBE アルトレモ ZX ブラック ULTREMO ZX 700×23C/即納!

価格:3,900円
(2013/4/8 17:16時点)




Schwalbe UltremoZX 700×23C ホワイト/ブラック 1本

価格:3,980円
(2013/4/8 17:17時点)
感想(1件)




Schwalbe UltremoZX 700×23C シルバー/ブラック 銀 1本

価格:3,980円
(2013/4/8 17:17時点)




Schwalbe シュワルベ ULTREMO ZX アルトレモゼットエックス 700×23C イエローストライプ

価格:4,200円
(2013/4/8 17:17時点)




Schwalbe UltremoZX 700×23C レッド/ブラック 赤 1本

価格:3,980円
(2013/4/8 17:18時点)
感想(1件)




Schwalbe シュワルベ ULTREMO ZX アルトレモゼットエックス 700×23C ホワイト

価格:4,200円
(2013/4/8 17:19時点)




Schwalbe シュワルベ ULTREMO ZX アルトレモゼットエックス 700×23C ブルーストライプ

価格:4,200円
(2013/4/8 17:19時点)




Schwalbe シュワルベ ULTREMO ZX アルトレモゼットエックス 700×23C オレンジストライプ

価格:4,200円
(2013/4/8 17:20時点)




Schwalbe シュワルベ ULTREMO ZX アルトレモゼットエックス 700×23C グリーンストライプ

価格:4,200円
(2013/4/8 17:20時点)




<DURANO>



☆特価!NEW シュワルベ SCHWALBE デュラノ ブラック DURANO 700x23C

価格:3,780円
(2013/4/8 17:07時点)
感想(1件)




<DURANO PLUS



SCHWALBE(シュワルベ)DURANO PLUS(デュラノ プラス) 700x23C ブラック【タイヤ】【自転車】【ロード】【クロスバイク】【ピストバイク】

価格:4,704円
(2013/4/8 17:08時点)


ところで、今年の Paris - Roubaix ですが、ボーネンもサガンもいなかったので楽勝かと思いきや、カンチェ、結構一杯いっぱいだったんですね。


アシスト全滅で、秘技「死んだふり」作戦を発動、ライバル達を騙して自分は後方に下がり、チームカーと話しながら「おらもうだみだ」なんてフェイクまでかましたそうです。そうしてライバル達がつぶし合った頃合いを見計らって、ちゃ~っと先頭集団に復帰、あっという間にパヴェでアタックしたら、ほとんどの選手が千切れたそうです。


有力どころが観客とぶつかって落車したりバランスを崩して遅れる中、最後は若手のファンマルケとの一騎打ち。勝負はヴェロドロームまでもつれ込み、スプリントで勝負となりました。カンチェ達の前にいるのは、周回遅れです。その結果、、、


三度目の Paris - Roubaix チャンピオンとなりました。お見事ですね。


でも、ゴールしてすぐこの有様だったそうです。


起き上がるにも人の手を借りなければならないほど、追い込んだんですね。カンチェほどの選手にして、こうなるというのが Paris - Roubaix がいかに過酷なレースなのかを教えてくれます。


パヴェのトロフィー、これで3個目ですね。もう一回勝てば、ボーネンに並びます。ボーネンもカンチェも素晴らしい選手ですね。


さて、こちらがカンチェの愛機、TREK DOMANE 6 Series Paris - Roubaix です。


こちらが例の 27mm 幅の特別仕様 TU です。ULTREMO HT がベースだと思いますが、元々 22mm 幅だったし、タイヤサイドも Black だった、、、となると、HT も 25C とか、ニューモデルがそろそろ発表されるのかもしれませんね。


お約束の BERNER でオーバーサイズプーリーを回しています。アウターケーブルはノコンでしょうか? Paris - Roubaix では電動ではなく紐のほうが信頼性が高いのでしょうね。ワイヤー先端のキャップが鮮やかなゴールドというところが、お洒落ですね。

どうしても機材も気になってしまいますが、今日のところはこのへんで。カンチェ、しばしの休息の後、グランツールでの活躍を期待しましょう。

(from Cyclowired.jp, Bikerader.com)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back