calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
438

CARMATE INNO IA300 INNER BIKE FORK

水曜日の名古屋は寒くて冷たい雨が吹きつけた一日だったので、寒がりのおいちゃんは手足が冷えて堪りませんでした。こんな日でも「レースは雨でも走るんじゃい!」というハードコアな自転車乗りはともかく、週末サイクリングが楽しみ♪という人の場合、こんな日は自転車は大事にしまっておくものです。でもメンテナンスでショップに持っていこうと思っていた日に限って、雨が降るという法則にぶち当たってしまったら、あなたならどうしますか?答えは、車載、それも車内積みしかないでしょう。そんな時に役立つのが、これです。


CARMATE INNO IA300 INNER BIKE FORK

サイクリストの多くはトランポとして使えるワゴンタイプの車を持っていることが多いんですが、リヤシートを折り畳み、後輪の間にセッティングするフロントフォーク固定用キャリア。テンションバータイプなので脱着は簡単ですから、ルーフキャリアを設置しておきっぱで車を使うのが難しい方には便利です。


フォークはクイックで固定でき、固定位置の高さも2段階(30mm)で調整可能です。また、首振りできるので、リアウィンドや複数台積載する時の隣の自転車との干渉を避けることができます。ロードはもちろん、MTB にも対応しています。ルーフキャリアやアクセサリなども数多くラインナップされている INNO シリーズですから、これまでに培われたノウハウを活かして使い勝手が工夫されているようですね。


自転車を車載して走りに行ったことといえば、若かりし頃、デビューしたばかりの EUNOS ROADSTAR にトランクキャリアを載せ、COLNAGO MASTER X LIGHT を積んで遠征した時のことを思い出します。浜名湖一周だったかな、、、無謀にもオープンのまま高速に乗ったら、爆風を全身に浴びまくったのは勿論、風切り音の凄さと大事な COLNAGO が吹っ飛んでいきそうになって、慌てて PA に入って固定し直したものです。あれで車外積みは懲りましたね。ちなみに、同じことをスキーでもやらかしました。学習能力というものがありませんでしたな、、、

次の車はハッチバックだったので、後席を畳んで前後輪を外した状態で車内に積み込みました。平和でした。今の車もステーションワゴンです。自転車も汚れないし、駐車中の盗難リスクも随分ヘッジできますから、みなさんも可能なら車内積みにしましょうね。

、、、ふと振り返ると、ブログで車載キャリア紹介したの初めてでした。また別のものも見てみます。

(from CARMATE)






関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back