calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
480

CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD 2 SRAM RED & 3 ULTEGRA 2014

ずっと晴天が続いている名古屋ですが、梅雨は来週後半までどっか行ってしまっているようで、先々の水不足が思いやられるものの、サイクリストにはラッキーです。でも、熱中症には気をつけましょうね。

さて、今日は続々リリースされる2014年モデルの中でも要注目モデルが正式発表されたので早速見てみましょう。


CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD 2014

実は密かに楽しみにしていたお父さんが多いと思われる SYNAPSE HI-MOD. 確か、Gent-Wevelgem でサガン兄ちゃんが勝った時に乗ってたのがこれだったですね。ウィリーでゴールした時、「このパフォーマンスはもしかして双股シートチューブの剛性テスト?!」なんて思ったものでした。それがようやく市販となりました。

最大の特徴がこの双股シートチューブです。DOMANE と同じく、パヴェでの走行性能を高める目的を異なるアプローチで達成しようというこのデザイン、カーボンならではの面白さで、斬新です。なお、BB規格は BB30、73mm
幅を活かして左右非対称のチェーンステーが伸びています。


ジオメトリは SYNAPSE ENDURANCE RACE GEOMETRY の名の通り、長距離を早く楽に走るのに適したものになっています。ヘッドチューブは長めでアップライトなポジションがとりやすく、チェーンステーを伸ばしてホイールベースを長くとり、撓りと安定性を高めています。シリアスレーサーより楽で、コンフォートバイクよりはレーシー、と言えば、おわかり頂けるでしょうか。

自転車のカタチしていると細部はあまりよくわからないので、フレームセットの状態で各パートを見てみましょ。


目に留まるのが SAVE PLUS テクノロジーが投入されたフォークとステー。まずフォークですが、BMC SLR01 と似た形状になっていて、先っぽがよく動いて振動吸収性を高めていることがわかります。ステーも基本的な考え方は同じで、シートステーはブレーキブリッジのあたりでクニュッと曲がっているうえに、細っという形状です。チェーンステーは真ん中辺りで平ぺったくつぶされていて、これまた垂直方向の振動や衝撃を吸収してくれます。パヴェなどの荒れた路面では、ホイールベースが伸びるので、走行安定性も高める狙いがあるのでしょう。


シートチューブとトップチューブの交点は、DOMANE と似た構造にしてフレキシビリティを持たせてあるので、BB 上からサドル下までがよく撓るデザインになっています。また、シートポストは25.4mm径という細いものになっています。悪路走行時の股間への攻撃性はだいぶ緩和されていることでしょう。股間は大切ですからねぇ。


さて、四肢とシートチューブにここまでのフレキシビリティを持たせるということは、トップチューブ、ダウンチューブ、各チューブの交点やエンドなどが相当強靭じゃないとヘロヘロのフレームになってしまうので、CANNONDALE は強硬強度の軍事用防弾装甲カーボンと、他に比肩しうるものがない軽さと高剛性を兼ね備えたカーボンの複合構造の「バリスティックカーボン」いうものを投入、大仰な荒業を繰り出しています。

フレームの各接合部をまたいで使用されるカーボンファイバー(この写真の青い繊維)が、ベースとなる構造を形成し、銃弾さえ跳ね返す(!!)強度を誇る、とな?!狙撃されるこたぁないでしょうが、そこまでの強度がなければ、期待する性能は発揮できないという判断なのでしょう。なんか、凄そうでしょ?


Perter Sagan's CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD 2 SRAM RED

こちらはサガン兄ちゃんの実車です。このカラーが欲しいという方は多いでしょうね。なお、サガン車のジオメトリは市販車とは違っていて、見るからにヘッドチューブは短くなっています。そりゃ、世界トップクラスのシリアスレーサーなんですから、アップライトポジションなんざ走りづらいだけでしょうからね。それにしても、サガンの体格(184cm, 73kg)から考えると随分とコンパクトなサイズのフレームだと思いませんか?小さめのフレームを選んでシートピラーとステムで調整するという、プロ選手独特のフィッティングは合理的でカッコイイですね。

さて、市販モデルのラインナップは SRAM RED の完成車は1色、ULTEGRA の完成車は2色となっています。


CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD 2 SRAM RED (GRN) 2014 \729,000-


CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD 3 ULTEGRA (BBO) 2014 \459,000-


CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD 3 ULTEGRA (BLU) 2014 \459,000-

個人的にはジオメトリの説明で使った Matte Black が一番魅力的なんですが、、、EVO とカブるからきっと Matte Black は出してくれないんでしょうね。くすん。I 師匠、私、これなんかどうなんでしょうか?やっぱり、COLNAGO じゃなきゃ駄目なの?

(from CANNONDALE, BIKERADER.com)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back