calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
492

MAXXIS FORZA Tubular

真夏並みの晴天が続きます。結局また空梅雨に戻ったようですが、このままだと渇水が心配ですので、せめて夜だけは降ってもらいたいところです。そのほうが熱帯夜にならなくて済みますし、水不足も解消するし、自転車にも乗れますからね。

さて今日紹介するのは TU タイヤです。未だに チューブレス化に踏み切れない私としては、相変わらず TU こそ総合的に見て一番だと思っているわけで、新しい TU が出るとなると放っておく訳にはいきません。それが例え、少々門外漢っぽいメーカーのものでも、ね。


MAXXIS FORZA Tubular

MTB 用タイヤでは定評のある MAXXIS が、威信をかけて初めてリリースした TU ロードタイヤ。製造元である台湾のチェンシンラバー社はこのタイヤ専用の機械を導入して生産していますので、その本気度が伝わってきます。ん?Made in TAIWAN, ということですね。GIANT といい、台湾メーカーは本当に実力がありますねぇ。


トレッド部はデュアルコンパウンドを採用、センターには高い耐摩耗性と転がり抵抗の軽減に貢献する高弾性コンパウンドを、そしてサイドはコーナリング時でのハイグリップを確保するしなやかなソフトコンパウンドという構造です。


黄色いのが特許取得済みのシルクワームキャップ、耐パンク性能のキモになる部分です。要するに軽量で強靭なパンクベルトですが、この辺りには MTB タイヤで培ったノウハウが役立っていることでしょう。インナーチューブはブチルなので、ラテックスに比べればエア漏れも遅いでしょう。TU の土台であるケーシングは、高い真円率を実現できるシームレス構造なので、しっかりリムに収まってくれると思います。




なんか、最初のチューブストレッチが懐かしいですね。最近こんなことしてないです。いかにも TU 初心者向けのこんなビデオを用意しているところも、シリーズ初 TU らしくて微笑ましい印象です。

でも、今時23Cだけというのはどうなんでしょうかね?むしろ、後発なんだから25C一本でいくとか、インパクトのあるサイズのほうが良かったような気はします。後発なんだし「エアロ命なら、これでしょ」みたいな戦略で勝負しなきゃね、MAXXIS さん。

さて、実力のほどやいかに。今後各地のユーザが様々なインプレをしてくれるでしょうから、そこで確認するとしましょう。VITTORIA ファンとしては、当面は様子見、かな、、、

(from MAXXIS)

【新作チューブラータイヤ】MAXXIS マキシス FORZA フォルツァ (28”x23mm) ロードタイヤ チューブラータイヤ◆【自転車】

価格:8,032円
(2013/6/16 13:30時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back