calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
498

PINARELLO SIBILO TIME TRIAL FRAME

自転車界の巨人、PINARELLO の勢いは相変わらず凄いですね。他の名門企業が比較的苦戦しているのに対し、PINARELLO だけは順調に市場シェアを伸ばし、様々なイベントを企画して自転車ファンの裾野を広げ、初心者へのアピールにも余念がありません。その勢いをそのまま新機材開発にも投入しているようで、新型 TT マシンがリリースされています。


PINARELLO SIBILO TIME TRIAL FRAME

先日 GIRO で登場した PINARELLO の新しい TT マシン。あれっ?ついこの間、新型 TT バイクって紹介したばかりだったのに、またもや新型とは、、、昔の DE ROSA みたく、毎日新しい TT バイク作っているんでしょうかね?!


PINARELLO BOLIDE TIME TRIAL FRAME

こちらがちょっと前に紹介した BOLIDE. 読み方さえ「ボ、ボライデ?!」なんて曖昧だったのもつかの間、もう旧型になっちゃいました、、、というか、SIBILO(シビーロ、かな?)のプロトタイプ扱いだったのかもしれませんね。

それじゃ、違いを見てみましょう。サイドビューではっきりわかるのは、前三角の各チューブ間のフィンが小型化されたことでしょう。多分、横風対策でしょうね。あとは剛性感でしょう。


BOLIDE ではヘッドチューブの前部分とワンピース構造になっていたフロンドブレーキカバーですが、、、


SIBILO ではヘッドバッジ下だけのカバーちなりました。でも、ブレーキの搭載位置は相変わらずフォークの前ですね。

それに、未確認ではありますが、ブレーキのタイプも変更されているようです。BOLIDE のブレーキは通常のブレーキアーチを使用していたようですが、SIBILO では V ブレーキタイプに変更されているように見えます、、、いえ、見えてませんけどね。カバーの形状がスリムになっているので、そう思ったわけです。

また、この写真ではちょっとわかりずらいですが、フォーク形状もちょっと変わりました。1枚目と2枚目の写真のほうがわかりやすいですね。つまり、フォークの後ろ側の形状が変わっています。BOLIDE ではフォーククラウンからエンドまで同じライン上にありましたが、SIBILO では BMC みたいにフォーククラウン下のところでギュッと絞り込まれています。この変更の狙いは、フォークを前後方向に動かすことによる振動吸収性と走行安定性の向上でしょうね。



続いて、リアブレーキ。BOLIDE はシートステーのブリッジ位置にカバーとともに搭載されていましたが、、、


SIBIKO ではチェーンステー下、TT バイクの定番の位置に変更となりました。こちらは見えているのでわかりやすいですが、V ブレーキタイプに変更されています。前後とも V ブレーキに変えたんでしょう。制動力だけでなく、エアロ効果の面から考えても、V ブレーキのほうがいいという結論なんでしょうね。乗る人が乗れば、そんなスピードが出るんでしょう。


TDF DNS を決めた Wigo の在りし日のスナップ。今となっては「なんだか調子あがんねぇなぁ、、、バイクが悪いのかなぁ、、、」みたいに見えてくるから、不思議なものです。今度のターゲットは Tour de BRITAIN だそうですから、復活に期待しましょう。

さて、この新型 TT バイク、GIRO と同じように TDF でも輝くことができるでしょうか、、、

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back