calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
508

BONTRAGER NEW HELMET at TDF 100th

TDF 100th, TTT は ORICA GREENEDGE の勝利でしたね。それにしても、まだ本命と言われる選手やチームは鳴りを潜めているようで、Froome 君も何にも問題発言してくれませんし、地味に EVANS が後退してたりしますが、まだまだ静かにレースが進んでいますね。意外に ANDY が元気だったりしてはいますが、今回の TDF では優勝候補という訳でもないので、好き勝手に走って DNF というオチだったりするのでしょう。明日以降のドラマ、期待して待ちましょう。

さて、第2ステージで新顔が勝利しましたね。その名もバケラッタ、いやバケランツですか。知りません。TDF 初出場でプロ初勝利だとか。これはまあ、ドラマっちゃドラマですね。あまりにノーマークな選手だったので、誰も真剣に追わなかったんでしょうか。でも、勝ちは勝ちだし、心から讃えましょう。

でも、ゴールシーンがなんだか笑えます。


「助けてぇ~!!みんながボクを追っかけてくるんだ!!なんでだよ!ボク何にも悪いことしてないよ!なのにみんなすごい形相で怖いよ怖いよ!はっ!もしかしたら、みんなの目当てはこの新しいヘルメットなんじゃ、、、だとしたら、絶対盗られてたまるもんか!!あと少し、あと少しでゴールだからお家に帰れるんだ、このヘルメットも盗られずに済むんだぁ~~~!!」


「いやったぁ~!!ゴールだゴールだ、これでやっとみんなに追っかけられずに済むぞ~!もうみんな勘弁してくれるよねぇ?!勘弁してくれるよねぇ?!」


「このヘルメットだけは絶対に誰にも触らせないんだからね!触らせないんだからね!!」


「これはボクのだ!ボクのなんだから、絶っ対に誰にも触らせないんだからねぇ~~!!!」

、、、失礼しました。なんせ名前がバケラッタバケランツっていうもんですから、つい遊んでしまいました。でも、彼の被っているヘルメット、ORACLE じゃないんですね。


「吾輩は新しいヘルメットである。名前は、まだない」とのことです。全体のフォルムは先代モデルの ORACLE よりシャープな印象です。デザインテイストはちょっと GIRO っぽい、かな。


こちらが ORACLE. 比べてみると結構センターのアウターシェルがゴツいですね。エッジをできるだけなくして、まるーんとしたフォルムになっています。


リアビューも GIRO テイスト。開口部はだいぶ広くなって、いかにもエア抜けが良さそうです。


ORACLE のリアフィニッシュは結構 chaos なことになっていたんですね。じっくり見たことなかったので、今更気付きました。


上から見ると、アウターシェルは1本1本が細身になり、前後方向に真っ直ぐベンチレーションホールが走っている様子がわかります。


ORACLE のアウターシェルは一生懸命デザイナーが腕を揮った様子が伺えます。オリジナリティは ORACLE のほうが上だったかもしれません。


ヘルメットの前の部分を見る限り、シェルの厚みは新型の方が分厚いようです。ベンチレーションホールを沢山空けたぶん、シェルの厚みを持たせることで必要な剛性を確保しているのかもしれません。


ORACLE の方が全体的なフォルムも小さいようですから、インナーシェルを薄くした分、アウターシェルがゴツいのかも。頭に直接触れる部分は全てパッドが配置されているのは、新型でも同じようです。


新型で一番イケてないのがこの正面からのカット。LAZER HELIUM と似た印象で、しかも HEKIUM よりカッコ悪いと思います。なんというか、この「真ん中分け」が良くないんじゃないでしょうか。しまも分け目に 「b」 マークが入るおまけ付きです。やっちまった感アリアリですね。


その点、ORACLE のほうがスッキリまとまっていました。ヘルメットの上から下にかけて絞り込まれていた形状が小顔効果をもたらしていたようにも感じます。カラーの入り方もこちらのほうが爽やかでしたからね。

TDF でデビューしたこのヘルメット、9月にはヨーロッパで、アメリカでも年内には発売予定とのことです。日本にはいつ来るんでしょうね。TREK ファンの皆様は楽しみにお待ちください。私はちょっとアレなんで、遠慮するかな、、、

(from BIKERADAR.com, Cyclowired.jp, Cyclingtime.com)

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back