calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
550

PEARL IZUMI PRESERVE Bike Tights, Bike Spats & Over Tights

あまりに暑い日が続いているせいか、最高気温が35℃程度だと「今日はちょっと涼しくなった気がしない?」なんて話をしてしまいます。でも、朝夕の風がちょっと涼しくなってきたように感じたんですが、気のせいでしょうかね?お盆もそろそろ過ぎゆくので、そんな感覚になっているのかもしれませんが、自分の中の何かがコワレていないことを祈りましょう。

さて、このところの暑さによる脱水で、時折脚が攣って「ハウッ!!」となってしまうことがあります。水分やミネラルの補給は勿論なんですが、もともと貧脚なので筋肉の鍛錬不足ということが原因とも考えてます。それに、歳のせいか疲労も抜けにくくなっているし、ちょっと無理すると途端に「ハ、ハウッ!!」の憂き目に遭います。

そこで、「お金で解決できることはお金で解決する!!」という名言を吐いた友人に倣って、こんなジャージの導入を検討中なんですよね。


PEARL IZUMI PRESERVE Bike Tights 928-3DNP

テーピングのように筋肉と関節を安定させるコンプレッションジャージ。伸縮性の異なる素材を筋肉と関節に合わせて配置することにより、部位ごとに異なるテンションがテーピング効果を発揮して、力強いペダリングをサポートしてくれます。決して貧脚が剛脚になるわけではないんですね、しょぼーん。


Back Style

膝裏には涼しいメッシュ素材を配置して、通気性を確保するとともに、縫い目もなくしたのでペダリングが快適です。こむら返りを防止するように脹脛をサポートしてくれるのもありがたいですね。また、ご自慢の「黒でも涼しいコールドブラック(UPF50+)」のおかげで、この季節でも涼しくて日焼けも防止してくれますよ。



このプリザーブシリーズ(バイクタイツとバイクスパッツ)は、 PEARL IZUMI の最高峰パッド 3D - NEO Plus を装備しています。

【仕様】

サイズ:S,M,L,XL
ウエスト紐付き
凹凸の少ないフラットシーマ縫製

そしてこちらは、パッドなしのオーバータイツ。パッド付きインナーパンツ派の方はこちらをどうぞ。


PEARL IZUMI PRESERVE Over Tights

Back Style

パッドがないこと以外はバイクタイツと同じですね。サイズ展開も S, M, L, XL の4サイズです。

最後がスパッツ。いわゆるニッカーです。


PEARL IZUMI PRESERVE Bike Spats

Back Style

脹脛が締め付けられるのは窮屈でイヤ、という方はこちらがおススメです。こちらも、素材とサイズ展開は他2モデルと同じです。

子供の頃の日焼けに比べて今の日焼けは火傷に近いです。剛脚の持ち主でもお肌ケアは必須ですから、筋肉と関節のサポート機能とお肌ケア機能を併せ持ったこのジャージ、導入してみて損はないと思いますよ。

(from PEARL IZUMI, Cyclist)



【送料無料】PEARLIZUMI/パールイズミ 928-3DNP プリザーブ バイクタイツ 【2013春夏・ウエア】

価格:14,280円
(2013/8/14 23:53時点)




【送料無料】【PEARLIZUMI】パールイズミ 2013春夏モデル 925-3DNP プリザーブバイクスパッツ

価格:12,600円
(2013/8/14 23:54時点)




パールイズミ プリザーブ オーバータイツ 927

価格:11,590円
(2013/8/14 23:50時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back