calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
557

FELT AR FRD Aero Road Bike 2014

海外メーカーは、日本のお盆休みに関係なく新製品をリリースしてくれるので、いろんな新製品情報を紹介できると思っていたんですが、結局のところ日本の代理店さんがお休みだとダメなのねん。ちょっとネタ枯れしてきました。いえ、新製品は続々出ているんですがね、海外情報しか入手できないし、紹介したくてもできないものも多いんですよ。せっかくご期待頂いているアノ製品やコノ製品の紹介は、もう少しお時間くださいね。

さて、今日は久々にフレームを紹介しましょう。一部の渋好みの方に受けている FELT のエアロバイクです。


FELT AR FRD Aero Road Bike 2014

実は密かに狙っていたフレームが FELT です。この AR FRD は、2014年のフラッグシップモデルで、現行モデルのネガを潰したうえに今の流行りに合わせてブラッシュアップしたギミックを導入したという印象です。後出しだから、今まで見てきた他社の2014年モデルに似てしまうのは仕方ないところかなぁと思います。


表面のお化粧は、見る角度によってはチェッカーフラッグのようにも見える模様になっています。前モデルではやや細身で中央付近を絞り込んだ形状だったフォークが、ほぼストレート形状になって全体的にボリュームアップされたようです。全体のフォルムは丸っこいイメージが消え、エッジが立ったシャープなものに変わりましたね。では細部を順番に見てみましょう。


トップチューブ、ダウンチューブ、ヘッドチューブの造形は一層ゴツいものになりました。トップチューブ上部はほぼ平らになり、ヘッドチューブとダウンチューブはカムテールでしょうかね。フォーククラウン付近の形状処理は、他社フレームがフォークとダウンチューブが一体化しているように見えるのに比べると、それほど一体感はありませんね。


大きく変化したのはリアブレーキがシートステーからチェーンステーに移動したことによって、すっきりしたここでしょう。LOOK と同じような形状で、扁平加工が加えられた細いシートステーがなんだか心許なく見えますが、エアロ効果の点から見ると、大きな乱流の発生源がひとつなくなったことのメリットは大きいと言えるでしょう。この変更によって、現行モデルの大きな特徴だった、リアタイヤを覆うような形状だったシートチューブが、単なるカムテール形状のスッキリしたものに変わりました。


リアブレーキケーブルは BB のだいぶ上から引き出され、BB 直後のチェーンステーに搭載されているリアブレーキへと導かれていきます。、、、BIKERADAR さん、もう少しいい写真なかったのかな、、、肝心のブレーキが写ってないからよくわかんないや、、、


ステム後ろのトップチューブからケーブルがフレーム内に通されるのは、FELT AR シリーズの伝統です。レビューによっては「このルーティングは抵抗が増えるから疑問だよね」というコメントも見たことがありますが、アイデンティティにもなっている所を見ると、FELT の判断としては「アリ」なんでしょう。


新開発された Flippable VariMount Seatpost. 要するに、前後入れ替え可能でロードと TT どちらでもベストポジションが得られるシートポストです。しかもこれ、SHIMANO Di2 の筒型バッテリーを内蔵できるときたもんだ。これであの不細工なバッテリーをフレームにつけなければならない呪縛から解き放たれましたね。


このシートポストのおかげで、シートアングルはロード用なら 72.5°、TT 用では78.5°となるので、これ1台で ロードも TT もイケます。


この平行四辺形のパーツでシートポスト内にバッテリーを固定するんですね。ツメでバッテリーを掴んでますが、振動で折れたりしないんでしょうか、、、心配ですが、コードは繋がっているので BB まで落下するようなことは(多分)ないでしょう。というか、そんなんなったらタマりません。


モノリンク式のヤグラ部分は、シートポスト自体に振動減衰性を持たせてあるので、乗り心地はそれなりに良いと主張していますけど、、、Cinelli のモノリンクなんざ男性機能に影響するとまで言われるほどカッチカチだったそうですし、果たしてその主張を信用して良いものかどうか、、、

現時点ではまだそれほど多くの情報がないので、詳細な情報が出てきたら追記できればと思ってます。興味はあるんですが、今の段階ではまだ「これ、欲しいな、、、」とまでは思えない、かなぁ。なんかこう、華がないんだよなぁ、、、

(from BIKERADAR.com, FELT Facebook)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back