calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
568

RACEWARE 3D Printing Titanium Chain Catcher

結局乗鞍は15kmに短縮されて開催となりましたね。難しいコンディションの中、参加した皆さんお疲れさまでした。満足いく結果が得られた人も、そうじゃなかった人も、皆さんよく頑張りました。また来年、という人が多いレースですし、いよいよ来年は参加してみよっかな~なんて密かに思っている人も多いでしょう。でも、チェーン落ちでトラブるのを避けるためには、こんなパーツをちゃんと装備しておかないと泣きを見ますよ。


RACEWARE 3D Printing Titanium Chain Catcher

話題の 3D プリンターで製造された製品群でお馴染みの英吉利 RACEFACE がリリースしたチェーンキャッチャー。6Al-4V-Ti(64 Titanium)合金を使用しているので、軽くて高強度を誇り、わずか10gという重量ですって。


この製品、実は既に TDF で実戦デビューしていたんですね。それも、maillot Jaune の Froome 君の DOGMA 65.1 THINK2 に装着されて!って、おい、この写真じゃ全然わかりませんね。もう少し寄ってみましょう、、、


おぉ、拡大すると(見にくいけど)装着されている様子がわかります。Froome 君は楕円チェーンリング使いですから、チェーン落ち対策は必須なんでしょう。


Titanium は成型の難しさで有名ですが、そもそもこのメーカーの創業者は CNC 加工のエンジニア出身なので、上手に製品化できたそうです。


なお、装着できるのは直付け FD のみになっていますので、バンド式の方は買っちゃダメですよ。


小さなパーツですが、武骨な外観もあって「マジでタイム削るぜ!」っぽさがアップします。

数年前からチェーンキャッチャーをよく見るようになりましたが、主張し過ぎるカラーや塗装があまり気に入らなかったので、この製品はちょっと買う気になっています。あとはこいつの 10g 分をどこから削り落とすのかさえ決めればいいかな、、、お財布の軽量化はもう限界なので、やはり文字通り身を削るダイエットが一番効果的なのかもねぇ、、、

(from Cyclowored.jp)

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back