calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
577

CUSTOM WORKS PTEROSAURS by SUGINO

朝夕涼しくなりましたねぇ。ええ、大方の予想通り、見事に寝冷えしましたよ。寒がりだと9月上旬からこの有様なんです。ふぅ。風邪引いた感じですから、ちょっと自転車乗るの控えます、、、でも、季節的にはいい季節だから、今夜しっかり暖かくして体調回復に努めるとしますかね。

さて、今日紹介するのは、縁の下ならぬハンドルバーの前の力持ち、サイコンマウントの新製品ですよ。それも、驚くなかれ SUGINO 製ときたもんです。


CUSTOM WORKS PTEROSAURS by SUGINO Red

SUGINO って、クランクやチェーンリング、BB のイメージが強かったんですが、そんな SUGINO が造ったスケルトンタイプのコンピュータマウント。「え~?なんだか SUGINO のイメージと合わないなぁ~」と、SUGINO 自身が考えたのでしょうか、CUSTOM WORKS という別ブランドからのリリースという手法を採用しています。


こちらは GARMIN を取り付けた例です。圧倒的な人気製品だけに、各メーカーから専用ブラケットが数多く発売されている GARMIN ですが、敢えてコンパチタイプで対応するというところに SUGINO の意地を見た気がします。


CUSTOM WORKS PTEROSAURS by SUGINO Black

こちらは CATEYE を取り付けた例です。上の写真と良く見比べてみると、マウント部分も前後調整可能ということがわかります。武骨なボルト留めなところがなんとかならなかったのかと思ったりもしましたが、その武骨さが SUGINO らしさなのかもしれません。

セッティングで目を惹くのは、ハンドルバー上面とサイコン上面を面一にセットできることでしょう。空気抵抗の発生源にもなる場所だけに、余計な抵抗を増やしたくないサイクリストにとってここは重要なポイントですからね。

それに、ハンドルバーへの取り付けに必要な幅はわずか 8mm に過ぎないので、フロント2灯火を装備する必要があるブルベストなど、ハンドルバー上にいろんな機器が所狭しと並ぶ方には嬉しいんじゃないでしょうか。なお、取り付けはダブルスラントクランプ方式なので、1箇所にトルクがかかることはなく、カーボンハンドルバーを傷める心配はないでしょう。


マウント部分は、ハンドルバーに見立てたスケルトン仕様で組み上げられていて、ブラケットやゴムバンドなど、各サイコンの独自マウント規格に対応します。


こちらの5色は特別カラーモデルです。視覚的なインパクトが大きいカラーなので、チェーンウォッチャーやボトルケージのボルト、それにヘッドパーツなどのスモールパーツとのカラーコーデを楽しみたい方におススメです。

サイコンをいろいろ試したいけど、いちいちブラケット交換するのも面倒だし、ハンドルバーの中央が混雑している人にとって、非常に便利で、ちょっと他のおバカさんに差をつけられるパーツだと思いますよ。

【仕様】

高強度アルミ合金製 CNC 加工
重量 19g
ハンドルクランプ径 31.8mm
カラー
 標準色 Red、Black
 特別色 Purple, Bright Orange, Neon Pink, Gold, Aqua Blue

(from SUGINO, CYCLE SPORTS)

スギノ CUSTOM WORKS GPS/サイクルコンピュータ マウント

価格:3,990円
(2013/9/10 17:01時点)




スギノ CUSTOM WORKS GPS/サイクルコンピュータ マウント 特別カラー

価格:5,040円
(2013/9/10 17:01時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back