calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
588

PIONEER SGY-PM900H90 & SGY-PM900H79 Pedaling Monitor System & Cycle Computer SGX-CA900

相変わらずいい天気が続く三連休。サイクリストの皆様、おめでとうございます。こんな日はこのブログに遊びに来ている暇があったら、どうぞ走ってくださいな。で、心地良く疲れた身体で、夜チビチビやりながら酔った勢いで斜め読みしてもらえれば嬉しいですよ、おいちゃんは。

さて、今日はそんなガシガシ走り込む方におススメの新型ペダリングモニターシステムとサイコンを紹介しましょう。この手の製品としては待望の Made in JAPAN です。


PIONEER SGY-PM900H90 & SGY-PM900H79 Pedaling Monitor System & Cycle Computer

PIONEER といえば誰もがご存知の AV 機器メーカーですが、少し前から potanavi で自転車産業にも参入してきましたね。カーナビで培ってきた技術を水平展開するというベタな戦略ではありますが、その技術力は折り紙つきですから、この新製品も期待できるってものでしょう。

製品の概要は、Belkin Procycling Team との共同開発によって、ワット数を含めたペダリング効率を可視化して、走行中のペダリングの特徴を把握できる世界初のモニターシステムだそうです。クランクに装着してペダリングの状態を検知するセンサーと、計測データを表示するサイコン、走行データを解析する web 解析サービス CycloSphere の3つから構成されるシステムです。

紹介動画がこちら。概要はこれでおわかり頂けるでしょう。



理屈はなんとなくわかった(ような)気がします。

ペダリングモニターセンサーは、左右のクランクに取り付ける歪センサーでそれぞれのクランクにかかる力の大きさを回転角度30度ごと、計12箇所でリアルタイムに計測してサイコンに送信、左右それぞれの踏力が計測できるので、ペダリングの特徴や癖を詳細に把握することができる、というのが謳い文句です。

製品ラインナップは Shimano DURA ACE シリーズ2種(FC-9000, FC-7900・7950)限定というところも Made in JAPAN らしい島国根性ところでしょう。シリアスレーサーにも CAMPAGNOLO や SRAM ユーザはいるのに、綺麗さっぱり切り捨てたところなんざ、潔過ぎます。でもきっと後日対応するんでしょうけどね、、、というか、して欲しいです。


PIONEER SGY-PM900H90 Shimano crank set FC-9000 \157,500-(intax)

PIONEER SGY-PM900H79 Shimano crank set FC-7900/7950 \157,500-(intax)

歪センサーの存在感は結構なモノですが、なんとか許容範囲に収めてくれたかな、という印象です。なお、ボトムブラケット形式は HOLLOWTECH II、BB86、BB30、PF30 に対応しますが、BB86、BB30、PF30の場合には別売りの専用ボトムブラケットへの交換が必要とのことです。ユーザの方はご注意を。芸が細かいのが、ベアリングがスティ-ルでもセラミックでも対応できる仕様を揃えているところ。流石「お・も・て・な・し」の国ですな。

そしてこちらがサイコン。GPS、気圧計、温度計を内蔵しているので、データ解析時には各種走行データに走行軌跡や斜度・標高、温度をリンクして表示することもできるんですって。


Cycle computer SGX-CA900 \84,000-(intax)


仮面表示例は左上から時計回りで「ケイデンス」「左右合計出力」「同ペダリング効率」「右足の踏力の大きさと方向」「左足のそれ」、となっています。1画面で最大9項目のデータを表示でき、6画面までカスタマイズ表示できるそうです。


そしてこのシステムの肝となる解析サービス CycloSphere の紹介動画がこちら。



、、、面白そう、というか、赤裸々過ぎて恥ずかちい感じですが、何もかも定量的に評価されるので、シリアスレーサーには必須の情報でしょうし、ホビーレーサーにとっても「一生懸命走っていると、少しは強くなっているのねん♪」なんて楽しみ方もできます。




CycloSphere の画面表示例はこんな感じです。他社製品の web 解析画面と大差ないように感じますが、日本語表示なのでわかりやすさは抜群でしょう。

CAMPAGNOLO に対応してくれたら、ちょっと試してみたい逸品です。いかに貧脚でガチャ踏みなのかを思い知らされる楽しみを抱えて、その日を待つとしましょう。

(from PIONEER, CYCLE SPORTS, Cyclowired.jp)

【予約受付中】 パイオニア Pioneer SGY-PM900H90 (クランク別売り)

価格:157,500円
(2014/1/22 10:31時点)




【予約受付中】 パイオニア Pioneer SGY-PM900H79 (クランク別売り)

価格:157,500円
(2014/1/22 10:32時点)




【予約受付中】 パイオニア Pioneer SGX-CA900

価格:84,000円
(2014/1/22 10:32時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back