calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
621

SOLIDO Extra-order TIght Ride Jersey Pants

この週末は台風で全然走れなさそうですね。10月は本来とても気持ち良く走れるはずなんですけど、今年は毎週のように台風が来襲するので、台風対策に追われてバイクに乗るどころじゃありません。いくらおバカとは言っても、今優先すべきは身の安全ですからね、、、無理して暴風雨の中走らないようにしましょうね。

さて、そんな台風は置いといて、今日は台風一過の秋空のもとで穿きたいパンツを紹介しましょう。


SOLIDO Extra-order TIght Ride Jersey Pants Royal Blue

LEON や MENS CLUB などで人気沸騰中のイタリアンブランド SOLIDO の TOKYO Wheels 別注タイトライドジャージパンツ。といっても、おいちゃんは SOLIDO ってよく知りませんでしたけどね。ジャージなんですよ、これ。チノパンに見えますけどね。


ジャージ素材なので伸縮性に富んでいることは当然なんですが、懸念するのは膝抜けです。そこは流石にわざわざ別注しただけあって、超度詰め(度詰めとは、編む時に目の間隔を詰めて編み上げられていること)で造られているので、膝が抜けにくいとの触れ込みです。でもきっと、ずっと穿いていたら抜けるでしょうけどね。

このパンツの一番素晴らしいのが、このシルエットでしょう。ジャージパンツでありながらこの美しいタイトフィット感は、なかなか実現できるもんじゃありません。ジャージだともっとダブついたり、ダラ~と伸びてしまうのがフツーなんですが、このシュッとしたラインは本当に価値があると思います。


正面から見ると、ドレッシーとカジュアルの中庸どころを狙ったポケットのカットとベルトループが目に付きます。また、コインポケットがあったり、ベルトループにはキーホルダーなどを付けられるリングがセットされているのも雰囲気ありますね。


ベルトレスでも履けるよう、ウェストにはドローコードがあります。


ボタンに刻まれたロゴがいい仕事している様子を伝えてくれてますねぇ。


ヒップ側で注目すべきは、シームラインです。このシームライン、ウェストラインでは比較的中央寄りのところから始まって、ヒップの中心を斜めに走り、なんとそのまま脚部のサイドラインへと繋がっています。脚部に巻き付くようなシームラインとすることで、細身でありながら穿き心地を損なわない立体感となり、小尻効果も発揮する秘密というわけです。


そして、ヒップポケットはフラップ付きなので、前傾姿勢になってもポケットの中身が飛び出すのを防いでくれます。

カラーラインナップは Royal Blue と Beige の2色です。


SOLIDO Extra-order TIght Ride Jersey Pants Beige

Beige ならジャケットと合わせてもイケます。というか、適度なヌケ感があるので、ビジネスシーン以外なら問題なく着回せると思います。


SOLIDO Leather Anklet

そして、今はこんなノベルティがプレゼントに付いてますよ。ジャージパンツの裾をロールアップする時に足首に巻くアンクレットなんてもの、あったらオシャレ度が一気に高まります。わざわざ買うのはちょっとアレですが、付いてくるなら使っちゃいましょう。

おいちゃんなら、、、ジョージ王子も洗礼式済ませたことですし(無関係ですが)敢えて Royal Blue にチャレンジします!

なお、別注品につき在庫僅少となりますので、気になる方はお早めに下記バナーからお求めください。

(from TOKYO Wheels)

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back