calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
644

PISSEI x TOKYO Wheels Collaboration Jersey & Bibtights 2013 A&W Version

すっかり冬の空気になりましたね。午後3時を過ぎると急速に冷えるようになってしまったので、おいちゃんはもうダメです。でも、まだ快晴の時だけはいい陽気を感じるんですよねぇ、、、紅葉サイクリング、どうしようかなぁ、、、と思っていたら、冬用の裏起毛ジャージが昔懐かしい MAPEI ジャージしかないことに気付き、愕然としてました。これ、裏起毛なんですが、既に使い減りしてしまっていて保温性が著しく低下しているんです。そこで、新しいジャージを探していたら、こんなの見つけました。おまけにビブタイツもセットじゃありませんか。


PISSEI x TOKYO Wheels Collaboration Jersey & Bibtights 2013 A&W Version

毎年恒例、PISSEITOKYO Wheels のコラボジャージ上下セットの秋冬バージョンです。どことなく 流行りの Rapha と似た配色になっているのは気のせいでしょうか、、、でもでも、デザインはちょっと POP で Modern なイメージのものになっているので、れっきとしたオリジナルジャージです。シブカッコいいという感じでしょうか。


上下の正面からのショット。上下ともブラックのシンプルなスタイルに胸元と左腕のブロックと右脇腹の CUOLE マークが効いてます。Blue(TOKYO Wheels は Green と言ってますが、どう見ても Blue でしょ)は TOKYO Wheels のテーマカラーで、差し色の Pink で華やかさをプラスしています。


こちらがバックスタイル。ジャージのデザインは前と同じですが、ビブタイツの太腿に PISSEIWheels の白抜きロゴ、脹脛には縦ブロックと CUOLE が入ります。


裏起毛のロングスリーブジャージは、ストレッチ性に富み、肌触りは最高に柔らかとのことです。


襟の裏側にも2トーンカラーで CUOLE マークが仕込まれていますね。


実は細かいところなんですが、ファスナータブが結構良い風合いなんですよね、PISSEI って。


胸元には PISSEI CUOLE と TOKYO Wheels のダブルロゴが入ります。


後ろの襟には控えめに PISSEI の文字が入っています。


裾には PISSEI ロゴがデザインされたシリコンストッパーが付いて、裾がずり上がるのを防いでくれます。


バックポケットはオーソドックスな3つ。


右端のポケットには CUOLE マークが入り、縦開きのファスナーも装備されています。通常は横開きなんですが、走行中のアクセスのしやすさは縦開きのほうが上ということで、こうなったとのことです。でも、閉め忘れたらもれなく中身はぶちまけることになりますね。そういう意味では諸刃ですが、用心すれば大丈夫かと。


何気についている PISSEI タブには、さりげなく再帰性リフレクターが仕込まれているご様子。


袖口はロングスリーブジャージに比較的良くあるタイプですが、ウィンターグローブのリスト部分にすんなり納まるタイプのフィニッシュになっています。


ストレッチ性に優れた裏起毛生地は100%ポリエステルです。詳細は不明ですが、日本初入荷された頃の PISSEI のサマージャージの生地は非常に肌触りが良かったので、今回の生地も期待できますね。

続いて、ビブタイツ。


シンプルながら要所要所に計算されたデザイン、、、ではありますが、ちょっと消化不良な所も感じますね。特に気になるのが右脹脛部分に入っている縦ブロック。ジャージの左腕と同じように、リング状に入れたほうが良かったような気が、、、ありがちだからダメだってか?


前は左右の白抜きロゴ以外、すっきりしたものです。むしろ地味、ですね、ハッキリ言って。


ハンギング状態で見ると、ますます地味です。


生地はビブタイツではお馴染みの Super Roubaix ですから、保温性とストレッチ性には定評があります。


ビブ部分は柔軟性と通気性に優れたメッシュ素材ですから、保温性に優れたジャージやジャケットの下になっていても快適でしょう。肌へのダメージも最小限にしてくれると思います。


パッドにも最高級品である XP1 を採用しています。これ、写真だとよくわかりませんが、穴開き構造になっているそうですので、通気性も抜群でしょう。むしろ、冬ですから股間が冷えたりして、、、


裾には例によってずり上がり防止用のシリコンが仕込まれているように見えます、、、けど、詳細は不明です。


Super Roubaix はポリ85%、エラスティン10%、ポリウレタン5%ですから、お洗濯はドライ用の洗剤を使ってくださいね。じゃないと、生地の柔らかい風合いが損なわれる可能性がありますから、ご注意ください。

えぇ、おいちゃんは普通の洗剤使って失敗しちまったんですよ、、、

ちょっと忍者チックなこのジャージとビブタイツは TOKYO Wheels 限定商品なので、まず他人とカブることはありません。気になる方は下記バナーからお早めにどうぞ。

(from TOKYO Wheels)

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back