calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
672

BERTONI PH1010GM GIANNI MOTTA

寒風吹きすさぶこの週末、自転車に乗るのを諦めたおバカの皆さんこんにちは。こんだけ寒けりゃ、おいちゃんじゃなくても普通自転車には乗りませんよね?何、乗っている人いるんですか?!もう首までどっぷり自転車にハマってるから乗らないと中毒症状がでる、とかでしょうか?真のバカサイクリストですね。ある意味、羨ましいですけど、この季節だからこそ、乾燥と冷気、陽射しから大切な眼を守ることも忘れずに。ということで、こちら。


BERTONI PH1010GMA Shiny black/mat black inserts GIANNI MOTTA

イタリアンアイウェアブランド、BERTONI のフォトクロミック(調光)レンズを採用したモデル。淡色から濃色へは約30秒、逆は約3分で色が変わりますので、トンネルに入った時は変化が間に合いませんが、日が沈む時への対応は問題ないでしょう。ま、これはほとんどの調光レンズがそうなので、特にこのモデルだけの現象ではありませんので、誤解なきよう。


スタイルはごく一般的な二眼タイプで、フレーム、レンズともポリカーボネート製と思われます。レンズは Antifog, Anticrash 仕様になっていますが、レンズに関しては先日紹介した zerorh+ の NXT レンズに一日の長があると言えるでしょう。


ノーズピースは調整自在、テンプル部にもスリップ留めのグリッパーが付くので、構造面も一般的です。この部分のカラーを変えることで、カラーバリエーションは2つあります。


セットには3種類(スモーク、ブラウン、クリア)のレンズが付属します。ケースには何かサインがありますね、、、


お、GIANNI MOTTA とありますよ。懐かしい、、、というか、若い人にはわからないですよね。


GIANNI MOTTA

1964 Giro di Lombardia, 1966 Giro d'Italia 総合優勝、1965-67 Tre Valli Varesine 三連覇(あと1970も優勝しているので計4勝ですね)などなど、数多くの勝利を誇る名レーサー。今はビルダーとして頑張っているそうです。おいちゃんも名前は知ってますけど詳しい戦績とかはあまり知らなかったなぁ、、、写真は MOLTENI 時代の MOTTA ですけど、MOLTENI といえば MERCKX なので、彼は MERCKX より少し前の時代のエースだったんですね。彼の signature がフレームに入っていますから、これかけておいて「GIANNI MOTTA って誰なの?」と聞かれたらちょちょっと蘊蓄たれておくと、おバカ仲間から「いいね」と言ってもらえると思いますよ。いや、わかりませんけど。

さて、色違いがこちら。


BERTONI PH1010GMC Shiny black/mat red inserts GIANNI MOTTA



今時 Shiny Black というのがかえって新鮮かも知れません。個人的には少し挿し色があるほうが好みなので、おいちゃんはこの Shiny black/mat red にしようかな、、、

総合的にみると zerorh+ よりは高級感は劣りますが、1/2の金額で済むコスパで考えると、こちらも選択肢になりうると思いますので、ご予算に合わせて選べば良いでしょうね。個人的には zerorh+ を選びたいところではあります。だって、色がいいじゃん?zero って。

(from TRI SPORTS)



BERTONI(ベルトーニ) PH1010GM 調光レンズサングラス Gianni Motta

価格:13,388円
(2013/12/14 13:26時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back