calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
694

SILVA VELO SPORT BIKE LIGHT

仕事始めになっちゃいましたが、無事社会復帰できましたか?おいちゃんは朝から必死に頭を起動させようと試みるもなんだかボケーっとしていて、賀詞交換もなんだか夢現でしたよ。今週は挨拶周りで終わりそうな気がしますし、週末からまた三連休になるので、まだ当分御屠蘇気分を味わいそうです。

さて、そんなボケた状態では困るのが、ジテ通のときの視界です。やっぱ、くっきり見えないと困りますから、こんなライト付けておきましょう。


SILVA VELO SPORT BIKE LIGHT

SILVA といえばイタリアのバーテープの会社だと思っていましたが、こちらの SILVA はスウェーデンの会社で、コンパスやライトで有名なアウトドア用品メーカーだそうです。そう言えば、ここのコンパス持ってます。ずっとイタリアの会社の方だとばかり思っていたのはナイショです。


さて、この LED ライト、ブラケットまで含めても手の平に収まるサイズです。実にコンパクトで、電池込みで80gほどしかありません。ハンドルバーへの固定はアーレンキーで行いますが、本体の着脱はライト上部にある黒いツメを押しながら上に引き上げるだけです。


こちらがブラケットから外した状態です。サイドキャップを開けると、単四乾電池3本が格納されていることがわかります。ENELOOP などのリチャージャブル電池も使用可能です。


本体下部には放熱用の金属プレートを配置、熱対策もしっかりしてますね。


面白いのはフロントライトでありながら赤色 LED も装備しているところです。フロントに設置している時には絶対点灯させちゃダメですよ。


ハンドルバーにセットした図。いかにコンパクトかがわかりますね。でもイメージフォトだとイマイチピンとこないかもしれないので、、、


ありがちなシチュエーションを見てみると、現実感が湧くかもしれません。いやはや、もはやハンドルバーやステム周辺はいろんな物があり過ぎですな。そのうち GPS, ライト、アクションカム、サイコンを全て一体化したガジェットをリリースしてくれるメーカーが現われそうな気がします。というか、どっかのベンチャー、開発する気ないすか?おいちゃんでよければ本業のほうでいろいろ協力して事業化しまっせ?


肝心のライトの性能ですが、Max 110 LM の拡散光なので飛び切り明るいという訳じゃありませんが、街路灯のある通勤路なら問題なく使えます。写真でもおわかりのように、このライトの特徴はこの綺麗な配光です。照射範囲が広く、遠くだけでなく手前側も、しかも左右への配光も適当なので、路面状況を視認しやすいでしょう。Intelligent Light と呼ばれているこの配光システムは SILVA の特徴とのことです。

モードは Hi-Mid-Low-Flash の4つで、電源ボタンを押すことでこの順番でモードを切り替えられ、どのモードからでも長押しで消灯できます。なお、消灯状態で長押しすると赤色 LED が点灯します。

市街地通勤がメインの方はこれだけでもイケそうですが、田舎モノのおバカさんだと、明るいメインライトは別で用意する必要がありそうです。サイコンや GPS などでコクピット周りがゴチャゴチャしている方には結構いいライトだと思いますよ。

【スペック】

点灯パターン 最大/通常/最小/点滅/赤色/赤色点滅
使用時間 最大30時間通常48時間最小:90時間
明るさ 最大110ルーメン
防水レベル IPX7
サイズ 64×41×32mm
重量 80g(電池含む)
部品構成 ヘッドランプ、ブラケット(直径25〜32mm)、単4電池3本

(from SILVA, TANAX)



自転車用ライト アウトドアブランドSILVA(シルバ) 自転車ライトVelo(ベロ) 単4アルカリ電池3本使用

価格:5,800円
(2014/1/5 18:18時点)
感想(2件)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back