calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
702

LIGHTWEIGHT RENNBÜGEL

全国的に冷え込んだ日曜日ですが、センター試験への影響は最小限で済んだようですね。受験生のおバカさん達が全員全力を尽くせる環境にはあったようで、おいちゃんも一安心です(なんでだ)。思う存分実力を発揮して、志望校合格を勝ち取ってくださいね。

さて、今日紹介するのは、驚異的なスペックとプライスでおバカさんの物欲をバジキ飛ばしてくれる LIGHTWEIGHT の製品です。でもホイールじゃないのよ。


LIGHTWEIGHT RENNBÜGEL

なんと、カーボンハンドルバーを投入してきました。もっとも、フレームまで作り始めた同社のことですから、これからも様々なパーツを製品化してくるのかもしれませんね。

さて、このハンドルバーですが、まず驚くのがその軽さ。400mmで166g!166g?おいちゃん家にある手近なものだと、SONY BRAVIA のリモコンが 155g でしたので、これより 11g 重いだけ。はぁ?この質量でもライディングに必要な剛性を確保できているということなんでしょうけど、俄かには信じられませんな。


そんな超絶スペックでも、これまで数々の名ホイールを産み出してきた LIGHTWEIGHT のことですから、きっと問題はないんだろうと思わされてしまうのが、ブランド価値なんでしょうね。写真の撮影の仕方もありますが、纏っているオーラを感じてしまいます。


ハンドルクランプ径は31.8mm、リーチ79mm、ドロップ136mm というサイズとフォルムは、様々なハンドルバーの中で程良くシャローといった印象。ちなみに、このところキているブランド Fi'zi:k の Cockpit システムのサイズはこんな感じです。良く言えば中庸、悪く言えば万人受け狙い、なんでしょうかね。どうせ金満サイクリストしか買えないんだから、こちらのモデルはあくまでもフラッグシップとしてイメージアップを担わせて、そのうちもっとシャローでコンパクトなサイズがラインナップされることでしょう。あくまでも私見ですよ。


基本フォルムはプレーンなもので、アップバー付近が扁平加工されていたり、バーエンドが拡がっているようなこともありません。フレームとのコーデは簡単でしょう。


こうして見ると、握り周辺のカーブはエルゴバーですね。設計思想としては Fi'zi:k のほうが先進的かも。ま、保守的であることに価値がないわけじゃありませんし、このあたりはメーカーとしての思想ですから、気に入らなければ他社製品買えばいいだけのことですな。


ステムとブラケットを取り付けるところには滑り止め加工とゲージがプリントされていますから、セッティングには便利でしょう。最高級品でも使い勝手を考慮してくれているところは、流石独逸製でいらっしゃいます。

物としては綺麗な仕上がりを見せてくれるこのハンドルバーですが、二の足を踏んでしまうのはやはりその価格の高さ。単純に価格だけで考えれば、CINELLI なんかも対抗馬になるんでしょうが、あちらはステム一体型だし、工芸品だし、その価値を実感しやすいというものです。洒落っ気はなにもないもののブランドネームだけは凄いということに、片手以上の万券を叩ける金満サイクリストは、敢えてこちらを選ぶのかもしれません。

おいちゃん?スペックで考えるなら RENNBÜGEL かもしれませんが、体内に流れるラテンの血(嘘)が CINELLICINELLI だと叫ぶんです。個人的には独逸製は車だけでいいかな、という考えがあるんですよねぇ。

【スペック】

素 材:HMカーボンファイバー
ハンドルクランプ径:31.8mm
リーチ:79㎜
ドロップ:136㎜
サイズ:400mm、420mm(C-C)
重 量:166g(400mm)、168g(420mm)
価 格:53,500円(税抜)

(from LIGHTWEIGHT, INTERMAX, Cuclowired.jp)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back