calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
724

VULPINE Waterproof Harrington-Rain-Jacket

火曜日の名古屋は晴れ一時氷雨という天気で、月曜よりもぐっと冷え込みました。水曜日以降も冷え込みは厳しくなるそうですから、おバカの皆さんも風邪ひかないように気を付けてくださいね。そんな寒い中でも、暦の上ではもう立春ですから、洒落者のおいちゃんとしてはそろそろ春物も用意しておかねばなりません。でも、まだ雪とかちらつくんだよねぇ、、、こんなジャケット、用意しときましょか。


VULPINE Waterproof Harrington-Rain-Jacket Sahara

エピック・コットンという繊維の段階からシリコンコーティングを施してある例のパンツ、あのジャケット版です。なので、少々の雨や雪ならバッチリ弾いてくれます。それに防風性にも優れているので、ウィンドブレーカーとしての用途にも対応してくれるでしょう。


スタンドカラーのフラップはマグネット式ですから、走行中でも簡単に調節できます。ステッチ部分が綺麗にパイピングされているのも、VULPINE 流です。


ファスナーは当然止水タイプですね。


胸ポケットのフラップはボタン留め。スマホを入れたらしっかり留めておきましょう。


背中側の立体的な造形はブリティッシュコートのそれに似ていますね。


肩甲骨あたりのショルダーラインには通気性を確保するためのベンチレーションが設けられているので、ウェア内の湿気を開放してくれます。


両サイドのポケットは垂直にカットされているので、走行中にアクセスするには少々不便かもしれませんが、見た目はすっきりします。もちろんここも止水ファスナーです。


ウェストにドローコードはありませんが、その代わりに両側にサイズ調整用のボタンが用意され、縁取り部分とバックポケットフラップには控えめな反射材が配置されています。


バックフラップがマグネット式なのは○。後ろ手で探る時は簡単に開閉できないとコケますからね。


袖口の前側が長いのは、ライディングポジションに合わせたデザインだそうですが、腕時計や心拍計などを装着するとちょっと手首あたりがウザくなりそうです。


全体的なシルエットはタイトなフィッティングになってます。


羽織った状態ではこんな感じ。シンプルですが、生地がシャキッとしているので品質の良さがわかります。


ライディングポジションでも自然な感じで、突っ張ったりダボつくようなことはなさそうです。例の袖口も比較的すっきりおさまっていますね。

カラーバリエーションは2色です。


VULPINE Waterproof Harrington-Rain-Jacket Indigo

Indigo はちょっと色味がキツめですから、Sahara のほうがコーデしやすいでしょうね。もっとも、上級者は Indigo を選ぶかもしれません。

おいちゃんは、、、春らしい Sahara かな。いえ、別に Indigo が着こなせないとゆー訳じゃないんですけどね。なんか、花粉とか目立ちそうだし。気になる方は下記バナーからお早めにどーぞ。

(from TOKYO Wheels)

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back