calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
765

TOKYO Wheels 10miles Cyclewear Series CoolMax Denim

暖かくなってまいりました。この陽気に誘われて、ついにおいちゃんは月曜午後から久しぶりに自転車で出掛けましたよ。結果、花粉で撃沈w ま、仕方ないでしょうね、こればっかりは。ヘルメット、サングラスにマスク姿では、コンビニにも寄れませんからマスクなしで我慢してましたが、夜になってからエラいことになりました。あと半月位で終わってくれればいいんだけどなぁ、、、

でも、春の街乗りの装いも準備しなくちゃいけません。今年の足元は、このデニムにしようかと思ってますよ。


TOKYO Wheels 10miles Cyclewear Series CoolMax Denim

おバカさんお馴染みの CollMax 素材を採用したデニムパンツ。ストレッチ性にも優れているので、デニム特有のゴワゴワ感はなく、ストレスなくペダリングできます。


正面から見ると、全体のシルエットがよくわかります。腰回りはややゆったりと、脚は膝から下をテーパーさせています。背中側のカットが深いこともわかりますね。


フロントボタンは目立たないながらしっかりした造りですので、前傾姿勢になってやや負担がかかった時でもハゼることなく留まってくれていることでしょう。もっとも、お父さんの下っ腹を凹ませることは大切ですからね。


コインポケットやベルトループなどはフツーのジーンズと変わりありません。見た目は至ってフツーなのに、素材で快適性を確保するというところが粋な訳ですね。


ジャージではお馴染みの CoolMax タグがデニムに付いているという不思議。速乾性や通気性に優れているということは、デニム特有の蒸れや汗が乾きにくいという欠点を克服しているということですから、デニム派には普段使い用としても魅力的なんじゃないでしょうか。


次は後ろ姿。これまた至ってフツーなんですが、、、


実はバックポケットの上にスマホ用のポケットが用意されています。通常のバックポケットではスマホが折れたり飛び出してしまうことを懸念して、ウェストに近い位置に配置されています。こうした配慮はサイクリストのことをよく知っている TOKYO Wheels ならでは、ですね。


バックポケットの白い横一文字はリフレクターです。ライド中もこのようにはっきりと視認できますから、機能とデザインを上手に処理していると思います。


裾をロールアップすると、TOKYO Wheels のイメージカラー、ブルーのパイピングが現われます。パイピングで色を楽しむという流行りもしっかり取り入れている訳ですな。


カジュアルスタイルの王道とも言えるデニムにおバカさん想いの機能性を付加したこのパンツ、結構使いやすいと思います。

気になる方は下記バナーからどうぞ。

【仕様】

サイズ:S, M, L, XL
素材:綿65%、ポリエステル35%
原産国:日本
価格:\15,750-(税込)

(from TOKYO Wheels)

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back