calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
768

SHIMANO PRO Floor Pump TEAM, PERFORMANCE & TOURING

雨に加えてまた寒さがぶり返した木曜日の名古屋です。降るならザーッと降ってもらうほうが好みなんですが、シトシト降り続くとどうにもブルーな気持ちになっちゃいますねぇ。こんな時は新製品漁りで気持ちをアゲるしかありません。今日はこんなポンプで、文字通り Pump Up ! しちゃいましょう。


SHIMANO PRO Floor Pump TEAM(Black/Blue), PERFORMANCE(White/Red) & TOURING(Blue/White)

このところ急速にラインナップを拡充中の SHIMANO PRO がリリースする3種類のフロアポンプ。耐久性に優れたスチール製バレル(昔の SILCA もそうですね)、高気圧と大容量のどちらにも対応するラージデザイン、最大空気圧 160PSI/11Bar などの基本機能は3種類ともほぼ同じで、装備品でグレード(価格もね)が異なっています。


SHIMANO PRO Floor Pump TEAM(Black/Blue, White/Blue)

こちらがハイエンドモデル。PRO のイメージカラーであるブルーが挿し色に使われていて、まるで SKY PROCYCLING TEAM 御用達のようなイメージです。実際、そうなんでしょうけど。


上の写真は実はイメージイラストで、こちらが実物の写真です。よく見るとホースの長さが実物の方が長いことが分かります。


バルブはプレスタ(ブルー)とシュレーダー(シルバー)の両方に対応しています。


前モデルではバレルの途中にあったプレッシャーゲージは、ベースと一体型に変わったそうです。


ステップ部分には PRO のロゴマークが刻まれたゴムのスリップストップが貼られています。


グリップにはハイブリッドコンパウンドを採用し、握りやすさを追求。持ち運ぶ時にグリップがビロ~ンと伸びないように、マグネットロックシステムも搭載しています。


グリップの両端のブルーキャップの中に3種類のアタッチメントを内蔵しています。


これで英式バルブにも対応できる、という訳ですね。

使いやすそうな形状ではありますが、LEZYNE みたいなプレミアム感はないですねぇ。ま、道具っちゃ道具なので、機能的に優れているならそれで良し、ではあります。このあたりは、DURA ACE と同じです。

続いて、セカンドモデル。


SHIMANO PRO Floor Pump PERFORMANCE(White/Red, Black/Red)


こちらも上のイラストと違って、実物のホースは長くなっています。使い勝手はこの方が良いので、この変更は歓迎すべきでしょう。


バルブ口金は左右ともシルバーになっているので、パッと見てプレスタかシュレーダーか判別しにくくなります。使い勝手をスポイルするコストダウンの仕方は、いけませんね。


ケージのデザインもシンプルというより安っぽくなってしまっています。このコストダウンもダメ。


スリップストップも鑢(ヤスリ)みたいですし、、、クリート削れるんじゃね?って感じです。ゴムでいいのにねぇ。


グリップ両端のキャップは赤になってます。アタッチメントが内蔵されるのは同じです。

機能的には TEAM と遜色ないものの、コストダウンの痕がそこここに見えるので、なんだか残念な感じがします。ULTEGRA グレード、というよりはやや 105 寄り、な品質感かなぁ。

最後は、エントリーモデル。


SHIMANO PRO Floor Pump TOURING(Blue/White, Black/White)


こちらは、現物もホースは短いままです。使い勝手は一気に劣るでしょうが、長いホースのポンプを使った経験がなければそれほど不便さは感じずに済むでしょう。


スリップストップはもはやなく、ただ窪んでいるだけ。


バルブ口金、というかプラスティックですが、これでもプレスタとシュレーダーの両方に対応できます。でも、、、


切り替えるにはこうしてバラして部品を入れ替える手間が必要です。


グリップからは例のゴムではなくプラスティックに変わってしまい、グルーブ(溝)はあるものの濡れた手ではツルツル滑ってしまうでしょう。なお、両端のキャップも同色となりますが、アタッチメントはちゃんと3種類付属しています。

うーん、、、SORA グレードとでも言えば良いんでしょうかねぇ。

全体的に見れば、TEAM or TOURING のどちらかを選ぶべきかなぁ、、、でも、TEAM はちょっと高過ぎる気がしますので、初めてのフロアポンプを選ぶなら TOURING, 2台目以降なら PERFORMANCE をオススメしておきましょう。

(from SHIMANO, Cyclowired.jp)

※ Amazon では TEAM(Black/Blue)だけしかありませんでした。



※ ここからは楽天ショップです。

シマノPRO フロアポンプ チーム

価格:8,033円
(2014/3/20 10:07時点)




シマノPRO フロアポンプ パフォーマンス

価格:4,998円
(2014/3/20 10:06時点)




シマノPRO フロアポンプ ツーリング

価格:3,570円
(2014/3/20 10:06時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back