calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
780

TOKYO SAN-ESU One by Esu J Carbon Next

火曜日の名古屋はまさにお花見日和の一日でした。お昼後は午睡との戦いだったおいちゃんですが、時折窓の外から見える桜を見ては頑張って目を覚ましてましたよ(をい)。新年度早々コックリコックリしていてはいけませんから、ここはイッパツ、新製品を探しましょう。今日は先日に引き続き、ハンドルバーです。


TOKYO SAN-ESU One by Esu J Carbon Next Pearl White

昨日紹介した VOLAGI LISCIO に装着するのに最適と思われるロングライド向けのしなやかな握り心地が持ち味のハンドルバー。


TOKYO SAN-ESU One by Esu J Carbon Next UD

フロントビューを見るとアップバーが扁平加工されていることと、クランプ部が 31.8mm 径なことがわかります。


一番の特徴はこのサイドビューでしょう。ショルダー部分の面積を広くとって掌にかかる圧力を分散、下ハンで一番握り込むことが多い部分を絞り込んで握りやすさを追求するなどの点がよくわかります。エンドが随分手前まで伸びているので、下ハンを握りながらもリラックスポジションがとりやすいのもメリットでしょう。ロングライドで疲れきっている時や、向かい風などで姿勢を低くすることを余儀なくされるシーンで恩恵にあずかれそうです。


ポジションへの拘りは、先日の J Carbon Ark / Ark26 と同様。サイズによってリーチとドロップを変えています。


ブラケットを装着した図がこれ。左:SHIMANO DURA ACE 7900 右:CAMPAGNOLO ERGO POWER です。両方ともブラケット丈夫がほぼ水平になるように装着できますね。ここ、重要。


ケーブルがグリップ感に影響しないよう、ちゃんとグルーブも彫られてますね。

舶来品とは違って例によって派手さはありませんが、ハンドリングやグリップ感の良さでじわじわとファンを増やしている ONE BY ESU のハンドルバーの中でも、もう決して若くはないロングライドやサイクリングを楽しみたいお父さんたちの要望にしっかり応えてくれるんじゃないでしょうかね。勿論、アラフィフでももうちょっと足掻きたいと密かに企んでいるおいちゃんも、候補に上げてますよ。

【スペック】

カラー:UD、パールホワイト
クランプ径:31.8mm
重量:228g(360mm・UD)
サイズ(リーチ・ドロップ):360mm&380mm(115mm/71mm)、400mm&420mm(125mm/80mm)

(from TOKYO SAN-ESU, Cyclowired.jp)

※ Amazon は、両カラーとも左から 360mm, 380mm, 400mm, 420mm となっています。





※ ここからは楽天ショップ。リンク先でサイズが選択できます。

ワンバイエス ジェイカーボンネクスト UD(ブラック) バークランプ径:31.8mm ドロップハンドル 【自転車】【ロードレーサーパーツ】

価格:27,930円
(2014/4/1 14:32時点)




ワンバイエス ジェイカーボンネクスト パールホワイト バークランプ径:31.8mm ドロップハンドル 【自転車】【ロードレーサーパーツ】

価格:29,925円
(2014/4/1 14:33時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back