calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
781

ONOMICHI U2

新年度が始まって早々、消費増税、STAP 細胞騒動、チリ大地震と、立て続いていますね。個人的にも異動などで落ち着かないおバカさんも多いことでしょう。そんな時、日常を離れてちょっとひと休み&ひとっ走りしたいなら、こんな所に出掛けてみてはいかがでしょうか。


ONOMICHI U2

しまなみ海道の本州側拠点である広島県尾道市にオープンしたサイクリスト御用達の複合施設。もともと海運倉庫だった建物を改修して、宿泊施設、レストラン、バー、カフェ、ベーカリー、ライフスタイルショップ、イベントスペースに加え、「GIANT STORE 尾道」も入店しています。


HOTEL CYCLE へのチェックインは自転車に乗ったままでも行えます。って、かえってサインとかしにくくないでしょうかね。2フロアに28室(デラックスツイン8室)のホテルが建物の半分を占めています。彼女とのサイクリング旅行での利用が最適でしょうね。


おバカさん達が命の次に大切な愛車は客室に持ち込むことが当然できます。サイクルハンガーのおかげで、立て掛け中に自転車が倒れることもありません。


客室の雰囲気は昭和的なレトロモダン調ですので、お洒落に感じる方も多いでしょう。


バスルームもおバカさん達がよく利用するタイプのホテルとは一味違います。ガラス張りですからねぇ、、、いやん。


部屋によっては、こんなエロい雰囲気にもなっちゃうなんて、おいちゃん楽しみになっちゃうじゃないですか。


旅行の計画を練ったり、ネットで知人とやりとりするデスクスペースもいい感じです。携帯、カメラ、サイコン、ライトなど、充電が必要な機器が沢山あっても、コンセントが十分用意されていますし、有線LAN,,Wi-Fi とも無料で使えます。あ、汚れたジャージなどもランドリーで洗濯できますよ。


明日の準備を整えたら、ベッドサイドのライトを消して、夜のクリテリウムに突入しましょう(違)

スタンダードツイン(19.9〜20.3㎡) ¥17,000(税別)〜/室、デラックスツイン(25.6〜26.9㎡) ¥22,000(税別)〜/室 となっています。自転車2台入ることと、雰囲気の良さを考えると、デラックスのほうが良いでしょうね。


こちらは Butti Bakerey. 天然酵母パン、採れたての野菜のサラダなどが用意されています。


The RESTAURANT では、瀬戸内海のしーフ度、イタリアから輸入した窯で焼き上げたピザなどを楽しめます。席は100席用意されているので、ゆったりと食事が摂れるでしょう。その他、カウンターバー KOG BAR, 自転車に乗ったままドライブスルーでも軽食を摂れる Yard Cafe, 瀬戸内のライフスタイルショップ U2 shima SHOP などもおバカさん達のご利用を待っているとのことです。


少し時間ができたら愛車のメンテナンスも兼ねて是非立ち寄って見たいのが、GIANT SHOP 尾道。GIANT のオーナーならずとも最新型のロードバイクを眺めるのはおバカさんなら何よりも楽しいでしょうからね。


流石にここは自転車に乗ったままという訳にはいかないでしょうが、快適に利用できます。


〒722-0037 広島県尾道市西御所町5-11
TEL:0848-21-0550 FAX:0848-21-0552
MAIL : info@onomichi-u2.com

尾道は20年以上前に一度行ったきりですが、今度行く時にはここに泊ってみようかなと思っています。勿論その時は新しい愛車とともに行きますよ~。

(from ONOMICHI U2, Cyclist, CYCLE SPORTS)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back