calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
788

SALICE 005 CRX & 006 ITACRX

水曜日の名古屋は汗ばむ陽気になり、日中外出していたおいちゃんでさえ「、、、暑いじゃん」と感じました。こりゃ自転車乗ったら結構な汗をかきますね。一気に初夏が来たようで、少々ゲンナリしました。「日曜まで真冬だったよね?」と身体に聞かれているようで、なんだかちょっと変な感じで疲れております。それに陽射しがだいぶ強くなってきて、目もグリグリしてきましたので、やはり新しいアイウェアを購入せねばなりますまい。


我が永遠のアイドル MARIO CIPOLLINI がかけているのが、今日紹介する SALICE 006 ITACRX White. イタリアチャンプだった時って、、、覚えてませんwってか、あったっけ?イメージフォトじゃないのかなぁ。2002年世界チャンプ、GIRO 42勝、TDF 12勝、Vuelta 3勝をはじめ通算191勝を挙げた偉大なスプリンターにして、近年では最も派手なスターでしたね。最近でもおいちゃんの2つ年下とは思えないほど若々しいスタイルを維持して、相変わらずの伊達男ぶりを発揮しています。

あ、肝心のサングラスの話が置き去りになってますね。話を元に戻して、、、


SALICE 006 ITACRX White

フレーム左側にイタリアントリコローレをあしらったモノアイレンズのアジアンフィットモデル。調光レンズの CRX CHROMOLEX は耐衝撃性に優れるポリカーボネイト製で、擦り傷を防止する耐擦過加工と UV400 という紫外線カット機能も付加されています。目尻側上部にはベンチレーションホールが3つ開けられくもりにくくなっていて、レンズ内側にはアンチグレア加工も施されているので、クリアな視界が確保できそうですね。


CHROMOLEX の見え方はこんな感じだそうです。左から「曇」「薄日」「快晴」という順ですが、見え方にそれほど大きな差がないのがわかります。


標準で装着されている SMOKE レンズは、この表の CAT 1 から CAT 3 までをカバーしており、夜は付属するクリアレンズに交換すれば、自転車に乗るほとんどの季節と時間帯に対応できるでしょう。ただ、CAT 4 に該当する真夏のギラギラ太陽に対抗するには、少々キビシイようですから、そのつもりで別のレンズを用意しておくほうが良いかもしれません。


モノアイタイプですからレンズ交換はちょっと注意が必要にはなりますが、丁寧にやれば大丈夫でしょ。

国内導入カラーは3色だそうです。


SALICE 006 ITACRX Black


SALICE 006 ITACRX Yellow

本国にはもう1色、オレンジがありましたよ。目の毒だから掲載はしませんでしたが、気になる方はこちらでご覧ください。


そういえば Ale-Jet もかけてました、、、今は OPQS だから OAKLEY だっけ?


続いて、2眼タイプでよりコンパクトなモデルです。


SALICE 005 ITACRX Black

ワイドなテンプルに大きな SALICE のロゴを入れ、フレーム中央にイタリアントリコローレをあしらい、コンパクトなレンズをセットした2眼モデル。迫力のある 006 に比べると全体的にコンパクトなので、細面の方や女性におススメですね。こちらも 006 と同じ CRX CHROMOLEX レンズが標準で、クリアレンズが付属します。


レンズが2枚なので手間は倍かかりますが、それほど手こずらず交換できるでしょう。

こちらのカラバリも3色です。


SALICE 005 ITACRX White


SALICE 005 ITACRX Yellow


SALICE 005 CRX-BLYEL

ちなみに「フレーム中央のイタリアントリコローレはちょっと、、、」という方には、Black x Yellow のモデルも用意されています。虎キチ(古っ)にもいいかも。


006 で書き忘れましたが、こんなハードケースに入っています。すぐ汚れそうですが、そこはイタ物ですから、美しさ優先ということでしょう。




初回入荷分の在庫がある今なら、SALICE オリジナルツールケースもプレゼントしてくれるそうですよ。ツールケースは今やみんなこのタイプになってきましたね。

そうそう、CIPOLLINI や PETACCHI という世代よりも若い選手では、彼らもユーザです。


ENRICO GASPAROTTO, 2005 Italia Champion
なにやらシュッとしてますね。若いイタリア人の男とはこうも美しいものか、、、いや、その気はありませんが。


DAMIANO CUNEGO, 2004 Giro d'Italia Champion
センセーショナルなジロでの優勝以来、勝てそうで勝てない小王子も、今では結構なヴェテランになってきました。ぼちぼち爆発してもらいたいものです。


RUI ALBERTO FARIA DA COSTA, 2013 World Champion
そして、昨年の世界チャンプ、ルイコスタ。本名はえらく長いですが、ヘルメットにカタカナで「ルイコスタ」と書いてある位ですから、まあルイコスタでいいんでしょう。今年もグランツールに焦点を当てて調整中ですから、活躍を楽しみにしていましょう。

皆錚々たるメンバーですね。剛脚だからこそ似合うアイウェアということなら、おいちゃんには敷居が高いですが、そんなこと気にするようなタマじゃござんせんので、こそっと 005 ITACRX White なんざ狙ってみようと企んでますよ。

(from CaLORS CYCLINGWEAR.JP, Cyclowired.jp)

※ 一列目は 006 ITACRX, 二列目は 005 ITACRX と 005 CRX-BLYEL です。



関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back