calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
792

TiGRA SPORTS BIKECONSOLE for iPhone 5S/5C/5

日曜の名古屋は曇天で、おいちゃんはなんとなく肌寒さも感じつつ、花粉でクシャミ三昧の休日を過ごしました。久しぶりの休日でしたが、ちょいと買い物にとウィンドーショッピングに出掛けてあっという間に一日が終わりました。ま、平凡でも幸せな一日を過ごしたという訳です。少しだけリフレッシュできたので、今週からまた頑張りますよ~

ということで、今日紹介するのはこちらっ。


TiGRA SPORTS BIKECONSOLE for iPhone 5S/5C/5

iPhone 5S/5C/5 をサイコン使いするおバカさん向けの防水性能 IPX4 グレードのハンドルバーマウントケ-ス。2m からの落下試験にもパスしているので、ぼちぼち走っている程度のスピードなら落車にも耐えられる可能性があります。


IPX4 という防水性能は、あらゆる方向からの飛沫による影響がない「防沫形」、いわゆる生活防水ですから、普通の雨なら大丈夫でしょう。真夏に水をかぶりたい方は、直接水がかからないよう注意するほうが無難です。IPX6 以上ないとちょっと心配ですからね。それと防塵性能は保証されていないので、お間違えなく。


アウターケースとスペーサーの二重構造になっていて、iPhone 5S/5 と 5C では使用するスペーサーが違います。


ロックレバーは側面全体をしっかり固定するタイプなので、上蓋全体をしっかり閉めることができま。、


上蓋をロックしたままでアプリや電源、ボリュームコントローラなどの操作ができます。ま、当然でしょうけどね。


ケースに入れた状態でもイヤフォンジャックや Lightning コネクタは使用できます。


ハンドルバーへのマウントは正直々ゴツいです。その分、大切な iPhone の固定力には優れていると考えましょうw


ちなみに横方向にセットすることもできます。

ただ、例によって大喰らいの iPhone ですから、心配なのはバッテリー消費です。大切なライフラインでもあるので、トラブル時の通信手段を確保しておきたいという方向けにこんなのもあるんですって。


TiGRA SPORTS BIKECONSOLE Power Plus for iPhone 5S/5

こちらは iPhone 5S/5 向けで、更にゴツくなったモデルです。


サイドビューを見るとその理由が一目瞭然です。iPhone の下になにやらいます。


それがこの大容量 3000mAh のバッテリーなんですね。


Made for iPhone 製品なので、Apple 認証済みの Lightning コネクタも内蔵しているので、ホルダーに iPhone をセットすれば高速充電できます。これでバッテリー切れの心配から解放されますね。残念ながら iPhone 5C ユーザはこちらのモデルは使用できませんので、間違えないようご注意ください。

しかし、iPhone、サイコン、ギア、ライト、、、ロードバイクにこんなに沢山のバッテリーが必要になるとはねぇ。これで電動アシストまで搭載したら、車並みの大容量バッテリーが必要になるので、トップチューブ、ダウンチューブ、シートチューブの中身はそのうち全部バッテリーと電動アシスト機構で詰まっちゃうんじゃないかと、おいちゃんは思ってます。いや、電動アシストは欲しいんですけどね(爆)

(from TiGRA SPORTS, CYCLE SPORTS)

※ Amazon は 左:iPhone 用 右:スマホ用 です。それぞれのリンク先で通常モデルとバッテリー付属モデルが選択できます。



関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back