calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
832

TIOGA SPYDER STRATUM Full Carbon Rail & Chrome Molybdenum Rail

金曜の名古屋は快晴でしたね。このまま週末もサイクリング日和となる予報なので、おいちゃんの心は既にバイクの上に飛んでますが、実は木曜日に街乗りでそれなりの距離を走ったので、貧脚に疲れが残っています。こりゃ週末は迎え酒ならぬ迎え走りで疲れを抜くしかありません。

ただ、乗らなかった時期が長かったこともあって、長年のお尻の恋人 Flite との相性が少々悪くなったようで、ちとオチリイタイんですよ。だから、こんなのが気になってます。


TIOGA SPYDER STRATUM Full Carbon Rail White/Clearl

レールとベースのみという構造でありながら、ベース自体のしなりによって快適性を確保した画期的なサドルの第2世代。おいちゃんのおバカ友達がこの旧モデルをジテ通で利用しているんですが、すこぶる快適と言ってました。見たまんまの効果が予想できますが、まずはこちらの紹介動画をご覧ください。

[広告] VPS

人様の股ぐら覗きこむアングルというのは何とも言えないものですが、Spyder Stratum の機能はよくわかりますね。MTB に装着されていることからもおわかりのように衝撃吸収性に優れているので、パヴェ、ロングライド、通勤や街乗りなど、快適性を重視したいシーンでのロード転用はアリでしょう。


InterBike 2013 では、こんな感じでカーボンレールであることを強調していましたが、


TIOGA SPYDER STRATUM Full Carbon Rail Black/Smoke

製品版ではちゃんとお化粧してます。セッティングしやすいように目盛りも付けてくれました。このレールとサドルベースとの接続は、前後ともアークフレックスというものでフローティングマウントされ、衝撃吸収性を更に高めてくれるそうです。

また、肝心のサドルベースですが、素材は高強度グラスファイバー補強ナイロン + エラストマー添加ナイロンという2種類の硬さが違う樹脂材料で作られていて、柔軟性と強度を両立させているとのことです。各部位はシームレスに接合されているので、サドル全体で荷重と衝撃を受け止めてくれるんですね。色遣いのセンスがアレなのが気になりますが。

【仕様】

デュアル デンシティー ウェブ メッシュ
デュアル アーク フレックス
Ø7 x 9mm カーボン レール
L285 x W135 x H50mm
120g

レールが中空クロモリのモデルもラインナップされています。


TIOGA SPYDER STRATUM Chrome Molybdenum Rail Black/Smoke & White/Clear

カーボンレールモデルも魅力的ではありますが、盗難リスクやコスパ、耐久性に優れることを考えると、ジテ通用にはこちらのほうがいいかなぁ。おいちゃんは街乗り用は基本ずっと White 系サドルなので、クロモリレールの White/Clear 逝ってみますが、、、たぶん、黄ばむんだろなぁ、、、

【仕様】

デュアル デンシティー ウェブ メッシュ
デュアル アーク フレックス
Ø7mm クロモリ中空レール
L285 x W135 x H50mm
190g

(from TIOGA, CYCLE SPORTS)

タイオガ スパイダー ストレイタム フルカーボン レール サドル

価格:16,416円
(2014/5/23 10:17時点)




タイオガ スパイダー ストレイタム サドル

価格:11,232円
(2014/5/23 10:18時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back