calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
860

SELLE SAN MARCO ASPIDE Carbon FX & Open TOUR EDITION 2014

金曜の名古屋は思ったほど暑くなりませんでしたね。予報では晴れでしたが曇りがちでしたし。これ位の気温なら自転車に乗ってもいいなぁ~と思えますから、こんな日が続くと良いんですけど、週末はやっぱり雨のようです。このブログがアップされる頃、名古屋地方のおバカさんたちは暇を持て余しているかもしれませんね。そんな時の時間潰しは、おいちゃんのブログに遊びに来てくれると嬉しいです。

さて、今日は TDF 記念モデルの第三弾、サドルを紹介しますよ。


SELLE SAN MARCO ASPIDE Carbon FX TOUR EDITION 2014

2014年にリニューアルされた ASPIDE Racing をベースに仕立てられた TDF エディション。自転車を壁面に立て掛ける時や落車時に傷がつきやすい左右のサイドを補強するカーボンシールが「高いぞ俺は」オーラを醸し出しています。Maillot Jaune カラーをアクセントに使っているものの、真っ黄っ黄ではないので、いろんなカラーのフレームとのコーデはしやすそうです。


このサドル自体は通常モデルなんですが、サイドビューはこんな感じ。後端にむけてなだらかにカーブを描く形状は、座る場所を積極的に変えるタイプ、どっかり腰を据えるタイプのどちらにも使いやすいものでしょう。


このサドルで特徴的なのは、前方の穴を塞ぐようにクロスしている DNA - Carbon Waist と呼ばれる○の部分でしょう。これ、集中する応力に耐えて剛性を高め、サドルが捻じれるのを防ぎ、体重の分散やペダリングを支える反発力も高めているそうです。シェルとレールを一体化するアイディアだと SAN MARCO は謳っています。


レールはアルミ芯が入った多層カーボンで、単体重量はわずか 29g という軽さ。数あるカーボンレールの中でも軽い部類に入るとともに、中空カーボンレールにつきまとう破断や割れの不安を一蹴する安心感があります。ちょっとだけ安く仕上がるメリットもありそうですしね。


そのレールとサドルを接合するベース部分には CFRP(カーボンファイバー強化プラスティック)を配置、しっかり固定しつつ、しなやかな座り心地を目指しています。


サドルの表面に配された Microfeel は、通気性に優れ、極めて摩擦に強い素材なんだそうで、今までサドル表面には最適と言われてきた人工皮革 Lorica より 5% 軽く 35% も耐久性に優れているとのことですよ。しかも、自然環境にも優しいそうで、廃棄後も生態系に悪影響を及ぼさないとおっしゃいます。だからと言ってその辺に捨てちゃダメですけどね。


パッドにはジェルより軽くて高い耐久性を持つ Biofoam を採用。ペダリング中の骨盤の動きをサポートし、快適なペダリングを実現したそうです。このフォームを開発したおかげで、SAN MARCO からジェル入りサドルはなくなったというんですから、その機能たるや素晴らしいものなんでしょう、きっと。

【スペック】

Dimension 277 mm x 131 mm
Weight 121 gr
price \24,000-(税別)

、、、そこそこ良い値段しますね。ここに「ウッ、、、」と来ちまったお父さんには、こちらをおススメしましょう。


SELLE SAN MARCO ASPIDE Open TOUR EDITION 2014

Carbon FX との違いは、サイドシールの素材とレールがアルミであること、DNA - Carbon Waist 機構がなくなること、です。結構違いはありますね。その結果、やや重くなっていますが、Maillot Jaune カラーの入り方はほぼ一緒ですから、見た目にはそれほど大きな違いはありませんよ。

【スペック】

Dimension 278 mm x 131 mm
Weight 177 gr
Price \16,000-(税別)

「いっちゃんエエの持ってこいや」的なお父さんは Carbon FX, 世のフツーの、というか良識を弁えたおバカさん(なんだそれ)は Open 、という選択になりそうですね。おいちゃんは真性を自覚しているので Carbon FX 一択ですが、なにか?

(from SELLE SAN MARCO, CYCLE SPORTS)

※ Amazon しかありませんでした。これ、写真が入れ違ってますね。価格が高い方が Carbon FX モデルなんですが、写真は Open になってます。CYCLE SPORTS も間違ってましたから仕方ないのかも。

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back