calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
875

BELL STAR PRO Ventilated Aero Helmet

土曜日の名古屋は望外の晴れ。先日の雨でいよいよ梅雨本番とかいってたのに、結局日曜日まで天気が良いらしく、「どーせ雨だから仕事しよっと」と予定を埋めたおいちゃんはショックです。この暑さの中、せっせと働く羽目になりましたよ。聞けば来週から台風も来て空模様は大騒ぎになるそうじゃないですか、、、どうも今年の梅雨は気まぐれでおいちゃん振り回されっ放しです。

それはさておき、いよいよ TDF が始まりましたので、おいちゃんもテンション上げて新製品を紹介していきますよぉ~


BELL STAR PRO Ventilated Aero Helmet

少し前から目にしていたものの、外見のインパクトが大きかった EVADEINFINITY の影に隠れていた感が否めない BELL の新型エアロヘルメット。INFINITY と同じようにエアベンチレーションホールの開閉機構を搭載し、AIR ATTACK と同じようにマグネットで着脱できるシールドもセットできるというシロモノです。いいとこ、全部載せですね。

しかし、BELL STAR ってどっかで聞いた事あるような気がしますが、、、、


こちらが元祖?の BELL STAR. オートバイ用ヘルメットの名品で、単に名前だけでなくその Aerodynamics もこのヘルメットで蓄積された知見を用いてこの STAR PRO は作成されたとのことです。


300km/hオーバーの世界で Aerodynamics を磨き上げてきただけに、100km/h に満たないレベルでのそれは、これはこれで難しいのでしょうがそこはプロフェッショナルですから、ご覧の通り美しい整流効果を獲得しています。BELL によれば、EVADE や AIR ATTACK よりも優れた性能であると自負していますが、真相やいかに。


マグネット着脱式のシールドは、SONY とも仲良しの ZEISS 製。これ、外した時はちゃんと仕舞えるようですが、どこに収まるのか、この写真からではちょっとわかりません。AIR ATTACK みたく逆さまに取り付けるんでしょうかね、、、、


スケルトンモデルでは内部シェル形状と構造がわかります。よく見ると、エアベンチレーションホールを繋ぐ構造体が見えますね。そうこれが例のアレの仕掛けなんですね。


その仕掛けを操作するのが、頭頂部後端にあるスライディングラッチです。この写真の状態だと、、、


エアベンチレーションホールは開放されていて、フレッシュな外気を導入できます。比較的クルージング状態の時や登坂時など、スピードが重視されないシチュエーションならこれで OK でしょう。


そして、ラッチをこの位置に引き下げると、、、


ほぼ全閉となります。この仕掛けがあれば、軽さや冷却性能が重視されるステージ以外では、ヘルメットを変える必要はなくなりそうです。そう単純なものじゃないとは思いますが、オールマイティな性能を獲得したヘルメットであるとは言えるんじゃないかな?


これは今年の GIRO で TEAM BELKIN の WILICO KELDERMAN が第16ステージで4位に入った時のもの。あの骨身に凍みる寒さのステージでした。山岳で雪や雨、霧も出ていたので、純正シールドではなくサングラスをかけるスタイルでした。あまり意識していませんでしたが、BELL STAR PRO をしっかりかぶってました。あまりの寒さと悪天候のため、いくら登坂とはいってもベンチレーションホールは保温のため閉じられていたのではないでしょうか。

でもまぁ、ベンチレーションホールの開閉機構こそないものの、見た目のスマートさは先日紹介した GIRO SYNTHE のほうが上手かなぁ。細部の仕上げに差があるように感じるのはおいちゃんだけ?

さてこの STAR PRO, 欧米では今年の10月頃に3サイズ、6色(Neon カラー2色含)展開で US$240 / €169 (シールド付きは US$280 / €199) でリリース予定となっています。日本にもその頃導入される、、、来春でしょうねぇ。価格は多分3万円台後半でしょう。BELL は比較的リーズナブルでしたが、競合製品とのバランスや円安の兼ね合いもあるので、徐々に高くなっていきそうですねぇ。

話のネタにひとつエアロメット買っちまおっかなぁと企んでいるんですけど、、、もう少し悩んでみよっと。

(from BIKERADAR.com, Bell Bike Helmets Facebook)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back