calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
887

POWER MAGIC MAG PLUS

休息日明けの TDF は、つい先日 Maillot Jaune に袖を通したものの一日天下で終わった TONY GALLOPIN が初めての区間優勝というドラマで再び幕を開けました。待望の仏蘭西人の新星登場に、全仏が泣いたんじゃないでしょうか。このまま最後まで上位陣に留まれるほど TDF は甘くはないでしょうが、今後の活躍が楽しみな選手が一人増えたようですから、おいちゃんも注目しましょう。最初に「ギャロピン」と読んだのはナイショですがw

さて、今日紹介するのは、TDF に触発された訳ではありませんが、ちょっとハードコアなおバカさん向けのトレーナーです。


POWER MAGIC MAG PLUS

非接触式マグネットの負荷装置を持ち、ほぼ無音の静粛性を誇るベルトドライブ型パワートレーナー。フライホイールと負荷装置はよくあるトレーナーとは違ってペダルよりも前にあり、これがゆえにペダリングもしやすいという評判です。ハンドルバー、サドル、ペダルは自分が使っているパーツを装着することができるので、セッティングもしやすいでしょう。

まずはどれ位静かなのか、動画でご確認ください。



これだけ高いケイデンスで回しても全然音がしませんね。騒音でご近所に気がねしているおバカさんにとっては、奥様を説得できるポイントではないでしょうか。


負荷は15段階に調整可能で、トップ3段(重い方)の時にはマグネットに加えてフライホイールにブレーキパッド(マグネットの右斜め上の白いの)を押し当てて負荷を増す仕組みになっています。この写真のように非接触式マグネットが左右2つずつ設置されるハイパワータイプと、1つずつのパワータイプの2機種をラインナップしています。


大型フライホイールの丈夫に泥除けライクなパーツが装備されていますが、これ、きっとブレーキパッドの削れカスを落とすためのものでしょう。


負荷調整ダイヤルはダウンチューブ丈夫に設置されているので、走行中、あ、ペダリング中の操作も簡単にできます。


予めセットされているハンドルバーやサイコンがこちら。ハンドルバーは自分が使いなれたドロップバーに変えないと、下ハン握ってもがく練習ができませんね。ステムクランプは 1-1/8 径ですから、メガチューブハンドルバーは取り付けられませんが、昔使っていた GIRO D'ITALIA でも付けときますか。


サイコンは、W, HR, Cal, スピード、距離、時間、時計などを表示できます。


移動に便利なキャスターが本体前方に設置されているので、移動も楽、、、、な訳ありませんね。これ、45kg ありますから。サイズも 1000 x 730 mm ですから、そんなに簡単に動かせるわきゃないです。もっとも、この重さとサイズのおかげで、思う存分モガけるわけですから、このへんのことは割り切りが大切でしょう。

流石にここまで本気モードのトレーナーは買う前に奥様のご了承は得るとは思いますが、その時は一言、「これ、すっごく静かなんだからね」と添えるのをお忘れなく。尤も、あまりに静かなのでむしろおバカさんの「『ぜぇはぁぜぇはぁ』って息遣いが耳障りなのよっ!うるさいわっ!!」なんて怒鳴られるかもしれませんよw

【スペック】

負荷装置:マグネット
本体サイズ:全長1000mm×全幅730mm
フレームサイズ:430mm、540mm(トップチューブ長)
重量:45kg
付属品:サイクルコンピューター
オプション:ハンドル、ステム、ペダル、サドル

(from TAKIZAWA CYCLE, Cyclowired.jp)

【送料無料】タキザワ パワーマジックマグプラス スピンバイク<パワータイプ>Power Magic Mag Plus

価格:155,000円
(2014/7/17 14:33時点)




【送料無料】タキザワ パワーマジックマグプラス スピンバイク<ハイパワータイプ>Power Magic Mag Plus

価格:155,000円
(2014/7/17 14:33時点)


関連記事
スポンサーサイト
4

Comment

  1. ふじ3

    ふじ3

    2014-07-20 (Sun) 16:56

    いつも楽しく拝見させていただいております。
    パワーマジックマグプラスの購入を検討しているのですが、2012年初期型を所有している知人からベルトのカスが結構出て掃除が大変と伺いました。
    今回ご紹介されているものはとても綺麗で最近ご購入されたものと思われますが、ベルトのカスは発生していますでしょうか?
    教えていただければ幸いです。

    これからも頑張ってください。応援しています。
  2. 99prince

    99prince

    2014-07-21 (Mon) 00:33

    ふじ3さん、コメントありがとうございました。

    コイツを購入検討中とのことで、かな~りの剛脚さんですね(にやり)

    さて、ご質問の点ですが、「ベルト」のカス、でしょうか?ベルトドライブの部分はフルカバーされていますし、カスが出る類のものでもないと思いますので、おそらくご指摘は重い負荷の時に使用する「パッド」のカス、ではないかと、おいちゃん思いました。

    その前提でいえば、カスは発生すると思います。カス除け?も付いていますからね。

    ただ、このパッドの削れカスが稼働する重~い負荷がかかる領域は、相当な剛脚さんでもなかなか踏めない領域ですから、それほど気にしなくても良いかもしれません。ユーザーの多くは「プロでも踏めないんじゃないの?」というレビューを寄せてますし。

    そこに至るまでの実用域では、負荷は完全非接触式のマグネットによるものなのでカスも発生しないでしょう。
    回答になっているといいんですけど、、、

    戯言と駄文三昧で恐縮ですが、またお時間がある時に遊びに来て下さいね。
    時々コメント頂けると、くじけ易いおいちゃんにはたいへん励みになりますw
  3. ふじ3

    ふじ3

    2014-07-21 (Mon) 14:15

    99prince様

    ご回答ありがとうございます!!
    とても参考になります。ますます欲しくなりました!
    最新タイプは問題ないみたいですね。恐らく初期型の不具合が改善されたものと思われます。

    知人のパワーマジックマグプラス初期型は確かにベルトが削れてカスが出ていました。ベルトカバーを外したところ、カバー内側にベルトのカスが1~2mmぎっしり積もっていました。

    サイクルスポーツセンターにも試乗車が常に置いてあるのですが、それもベルトのカスが2~3mm積もっていました。


    また、パワーマジックマグプラスの良い点、悪い点が出てきましたら記事にしてくださると嬉しいです。

    長文すみません。ありがとうございました。m(_ _)m

  4. 99prince

    99prince

    2014-07-21 (Mon) 18:30

    ふじ3さん、こんにちは。

    おいちゃんの思い違いでしたね。

    人様のお言葉をちゃんと聞かないのはとてもいけないことです。大変失礼致しました m(_ _)m

    チェーンドライブではチェーンの油切れや伸びが問題になるし、ベルトドライブでも削れや切れが問題になるのはやむを得ないのかもしれませんので、定期的なメンテナンスとベルト交換で対応するしかないでしょうね。

    それから、シートポストやシートクランプの破断に見舞われたおバカさんもいて、付属するシートポストを丈夫なスティール製の製品に交換することをおススメされてました。ちなみのその方の体重は59kgだったので、体重の問題というよりは強度不足なんじゃないかとご立腹でした。

    さぁ、あとはふじ3さんにコイツの重~いギアを踏み込んでもらって、生まれたての仔鹿のように脚がカクカクプルプルするご経験頂くのを楽しみにしていますよwww

    これからも時々遊びに来て下さいね~

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back