calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
898

FULCRUM RACING ZERO Nite

TDF 終わりました。終わって見ればいろんなドラマがあったものの、Podium の顔ぶれを見て選手も観客達も盛り上がりがいまひとつだったように思います。みんな、いるべき顔がいないことをよくわかっているんですね。仏蘭西人が2人も Podium にいたというのに、選手もファンも素直喜べないのはやはり残念です。来年こそは、本来のエース同士のガチバトルをお願いしますよ、みんな楽しみにしているんですから、コケないでくださいね。とりあえず、選手、スタッフ、ファンの皆様、お疲れ様でした。

さて今日は、カーボンディープ TU 好きのおいちゃんには珍しく、アルミ WO の新製品を紹介しましょう。


FULCRUM RACING ZERO Nite

CAMPAGNOLO の姉妹ブランドとしてデビューして以来、ちょっとハズしつつも拘りを感じさせる製品をリリースしてくる FULCRUM の最新型アルミクリンチャーホイール。リム表面にプラズマ電解酸化処理を施したダーク仕上げで、ドライでもウェットでも制動力を確保しています。


F 26/ R 30 mm という前後で異なるハイトは、エアロダイナミクスを追求した結果だそうです。リムサイドにもデザイナーの腕が揮われているようで、見栄えも良いですね。


先述したプラズマ電解酸化処理されたリムサイドがこちら。カラーのせいか、カーボンリムみたいにも見えますが、アルミリムのメリットでもある制動力をウェットでも発揮できるというのは大きなセールスポイントです。独自開発された赤い専用ブレーキシューの使用が前提とのことですが、セットされているのか別売りなのか、ちょっとわかりませんですはい。


Fハブはスリムで小さくなって、軽量化が図られました。ベアリングには USB セラミックベアリングを採用し、回転性能が向上しているとのことです。


Rハブのベアリングも同じですね。ちなみに、ボディはカーボン、オーバーサイズフランジはアルミというのも FR 同じです。カセットボディにもプラズマ電解酸化処理が施されているんだそうです。

端的に言えば、ブレーキ性能を向上させて凄みも効くホイールとして、MAVIC に対抗するための製品という印象ですが、使い勝手の良さでいえばカーボンホイールを大きく凌ぐのも間違いないうえ、オールラウンドに使えるので、ひとつのホイールでトレーニングもレースもサイクリングもこなしたいというお父さんには良い選択肢だと思います。おいちゃんでさえ、ちょっと欲しいなと思っちゃいました。でも、BORA Love の気持ちは、まだまだ変わらないぞw

(from KAWASHIMA CYCLE SUPPLY, Cyclowired.jp)

※ 楽天ショップで只今予約受付中です。

【予約受付中】【送料無料】【FULCRUM】フルクラム WHEEL クリンチャーホイール RACINGZERO Nite レーシングゼロナイト WO 前後セット カンパ(9-10-11S)対応

価格:164,160円
(2014/7/29 10:52時点)




【予約受付中】【送料無料】【FULCRUM】フルクラム WHEEL クリンチャーホイール RACINGZERO Nite レーシングゼロナイト WO 前後セット シマノ(9-10-11S)対応

価格:164,160円
(2014/7/29 10:52時点)




※ Wiggle さん、最近割引なしですか、、、


Fulcrum Racing Zero Nite Alloy Clincher Wheelset
日本まで無料配送!! ¥155312
商品定価 ¥15531

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back