calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
914

SCOTT PLASMA 5 TT BIKE 2015

本格的なお盆休みの初日、名古屋は蒸っし暑い一日となりました。やっとお休みになったおいちゃんは、なぜか一番暑い時間帯にスーツ着て仕事に出掛けてました。あれ?お休みじゃないじゃん、、、、おっかしいなぁ、お休みだったんだけどなぁ、、、、気が付いたら働いてましたw まぁ暇よりはいっか。今年のお盆休みは休みらしい休みはとれなさそうですが、どうせ天気もあまり良くないことですし、せいぜい働くとしますか、、、でも一応今週末まではお休みのはずなんですがごにょごにょ、、、

さ、今日はそんな残念な気持ちを切り替えてくれそうなインパクトのあるコイツを一緒に見てみましょう。


SCOTT PLASMA 5 TT BIKE 2015

2015年、SCOTTTT バイクはカブトムシになりました。最早おいちゃんの知っている TT バイクとは別物になってしまった感さえ漂うコイツ、少しくらいの夏バテなら一気に解消させてくれそうなインパクト、ありません?TT バーがあるおかげで、ライフル二連装しているように見えます。これで前走者を一気に、、、、お盆だというのに不謹慎ですね、自粛します m(_ _)m


あまりふざけたことばかり書いているとおバカさんに愛想を尽かされそうなので、ちょっと真面目にいきましょう。このヘッドチューブとトップチューブ周辺の造形は、Nose Cone Hydration System と Storage Box だそうです。つまり、水筒と弁当箱、です。どこに置いたって大きな空気抵抗を生む水筒なんざ、いっそのことタイヤ以外で一番前に持ってきて、その後方のタービュランスの中に弁当箱もいれちまえば、 Aerodynamics 的にイケんじゃね?みたいな発想をデザインにしたらこの位置になったということなのでしょう。

ちょっと長いですが、紹介動画がありました。見てみる?



これはもう F1 と同じですね。自転車は車でいえば F1 マシンと同じものを市販品として買えるというワンダフルな世界ですから、一度は乗ってみたいものです。では、おさらいしましょう。


ステムはチューブと面一になる TT 用と、TT 用より 45mm アップライトなポジションにできるトライアスロン用の2種類が用意されています。


ステムが2種類用意されているなら、ベースバーも3種類用意されていて、構成パーツもこれだけの調整代があれば、ポジションは相当詰めることができそうです。いえ、おいちゃんはライズ100mm位欲しいんですけどってか、あったところで体幹がもちましぇん、、、


こちらがお弁当箱。あ、忘れてましたが、このお弁当箱と水筒を外せば(外せるんだな)、ちゃんと UCI のルールには適合するそうです。トライアスロン専用設計ではないんですな。このお弁当箱には、エナジーバーやジェル、替えチューブや CO2 カートリッジなどを詰め込むのに十分な容積がありますから、トライアスリ-トの方はご安心ください。


さて、水筒と弁当箱の話題はここまでにして、と。旧型でも誰も「軟いよこれ」なんて言ってなかったそうですが、更に130g軽量化して47%も剛性を高めたそうです。おまけに、この水筒をここに持ってきたせいかどうかはわかりませんが、ステムの下にあった上ワンのベアリング位置をステムの上に変更して、ここでも90gの軽量化を果たしているそうです。


この写真ではちょっとわかりにくいですが、フロントブレーキはフォークブレードに完全に組み込まれ、ダイレクトマウントタイプになっています。リヤブレーキもダイレクトマウントで BB 後ろに搭載されるので、LOOK と同じですね。TT バイクでもあるし、ケーブル類は当然インターナルルーティングです。ガゼットとかフィンっぽい形状が随所にあるフレームですから、タイトなフレームよりも自然なルートを確保できていそう。


お約束の風洞実験は、MERCEDES BENZ の設備を利用して行われています。ゲルマン人のお仕事ですから、悪かろうはずはありません。


チェーンステーは独特の造形です。動画に時々チラッと映るので、もう一度見ておいてください。この形状が TT バイクに必要な駆動力を効率的に後輪に伝達するのに最適だという結論だったのでしょうが、他のバイクとは一味違うデザインになっています。

さてこのPLASMA 5, パッと見は現行の PLASMA 3 とあまり大差ありませんが、シートチューブとリアホイールフレアが更に「エアロしてる」んだそうです。流石にこの手のバイクはおいそれと買うわけにはいきませんので、おいちゃんには雲の上の存在ではありますが、アラ還になる頃には1台手に入れてみたいなぁ、、、、真夏の夜の夢です。そうか、もう還暦が近いのか、、、、愕然。

(from ROAD.CC)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back