calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
917

DE ROSA KING XS 2015

土曜日の名古屋は午後から時々雷がゴロゴロ鳴る生憎の天気でした。岐阜県で大雨警報とか出ていたので、その余波なんでしょう。ザッと降る訳じゃないし、自転車に乗ろうと思えば乗れるような、でも通り雨には遭うかもしれないなぁという天気は、一番悩ましいところですね。分別盛りのアラフィフとしては「今日は乗らぬに限る」という結論になり、こうしてブログを書いていましたよ。

でも、そんな憂鬱な気分を一掃してくれそうな新型フレームが登場しています。そう、KING 様でございますよ。


DE ROSA KING XS 2015 White

2001年デビュー以来6世代目となる新型は XS という名称を背負って登場しました。先代の頃から実質的なフラッグシップは PROTOS に譲ったものの、まだまだ世のお父さんの憧れで頑張れば手が届くギリギリの範囲にある DE ROSA としての魅力は、未だ健在でしょう。



フレームは全サイズスローピングになり、クリーンなフォルムになりました。IDOL は個性的で躍動感を感じさせ、PROTOS は攻撃的で凄みを利かせているのに対し、KING はどこか静的で際立った個性はないものの、「私、脱いだらすごいんです」的なイメージがあります。いや、なんのことかわかりにくいでしょうが、そんな感じなんです。それがゆえか、フレームデザインは新鮮なものというよりはある程度熟成が進んで評価が定まったものを採用している模様です。


たとえば、電動も紐もイケる両刀使いのケーブルルーティングの出入口を挿し色で飾るのが KING の常套手段でしたが、こんな素っ気ないスタイルに代わったり、フォーククラウン部がヘッドチューブとダウンチューブに滑らかに繋がってエアロ効果を高めるデザインになったり、BIANCHI など他社製フレームでもよく見られたデザインになっています。


ブレーキは前後ともダイレクトマウントタイプに変わりました。制動力はキャリパー方式よりも強く、フォークの内側にブレーキシューの一部が隠れることでエアロ効果も期待できるものなので、ダウンヒル命のおいちゃんとしては興味津々ですよ。


リヤダイレクトマウントブレーキは BB 後ろのチェーンステーに配されることになりました。また左右のチェーンステーの太さが違うので、アシンメトリックデザインになっていることもわかりますね。このあたりは PINARELLO の影響でしょうか。ちなみにリアブレーキは SHIMANO しかダイレクトマウントブレーキをリリースしていないので、少なくともここだけは SHIMANO 製ブレーキにしないといけません。CAMPY LOVE のおいちゃんにはツラいなぁ。横尾のおじさん、どう凌ぐんでしょうか。


BB は BB386 規格で、ペダリングによる入力を余さず駆動力へと変換する KING の血筋を受け継いでいることがわかります。FD は直付けタイプですね。シートチューブがリアホイールに沿う形でカーブしているのも、エアロ効果を意識したデザインになっています。


先代で極太角断面形状だったチェーンステーはだいぶダイエットが進み、シートステーもまたドロップエンドにむけてやや広がった形状が先細へと変わりました。ケーブルは先代では上出しだったのが、横出しになっていますね。細かいですが常に改良を続ける姿勢は流石です。


前後から見ると、ヘッドチューブが末広がりになっていることとアシンメトリックデザインになっていることがわかりますね。



ジオメトリはこんな感じです。おいちゃんはトップチューブは575くらいほしいので、サイズは 57.7SL ということになりそうですが、ヘッドチューブがちょっと長いかなぁ、、、56.5SL にして、ステム伸ばすほうが今時でしょうね。

KING XS は10月末頃から国内入荷予定とのことですが、残念なのはカラバリが当面 White, Black Blue Line の2色しか用意されないことです。でも、海外では全部で9色あるそうです。しかも、往年の MERCKX ファンには懐かしい Molteni Orange もあるんですね。


DE ROSA KING XS 2015 Black Blue


DE ROSA KING XS 2015 Orange


DE ROSA KING XS 2015 Purple


DE ROSA KING XS 2015 Silver F1 Grey


DE ROSA KING XS 2015 White Back


DE ROSA KING XS 2015 Black Blue Yellow


DE ROSA KING XS 2015 Orange Fluo


DE ROSA KING XS 2015 Nero Lucido

お約束の茄子紺カラーがないというのが、ミソなのでしょう。茄子紺カラーが欲しいなら、PROTOS とかアニバーサリーモデルをお買いなさい、ということなんでしょうか。う~ん、お布施が嵩みそうですな。でも、このご時世で昨年モデルよりも大幅に価格が下がったのは朗報?悲報?

何の理由もなく価格が下がる訳はなく、考えられる要因としてはイタリア製造からアジア製造へ切り換えたということなのではないでしょうか、、、、COLNAGO 同様、フラッグシップ以外はみんな中華フレームになってしまったのでしょうかね、、、「DE ROSA ネームさえ貼ってあればいいや」と割り切れるおバカさんにとっては、お買い得間違いなしです。おいちゃんはちょいフクザツな心境です、、、

【SPEC】

Frame Material Carbon Mix T1000, T800, XN10
Headset 1-1/4" to 1-1/8"
Seatpost 31,6
BB BB386(86.5x46)
Fork weight 0.300kg
Frame weight (without fork) 0.950g
Size 39SL(Japan Only), 49.2SL, 50.3SL, 51.6SL, 52.6SL, 53.8SL, 55.2SL, 56.7SL, 58.8SL
Color White Lumia, Black Blue Line,

(from DE ROSA JAPAN, NGPROBIKE, Cyclowired.jp, CycleStyle, ROAD.CC)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back