calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
922

narifuri Jacquard Camouflage Day Pack

いつまで続くんでしょうかこの暑さ。お盆休み中は全然顔を見せなかったくせに、お天道様ったら今頃になって頑張ってくれなくてもいいんですよね、ったく。名古屋は連日35℃前後の最高気温で、どうやらこの記事が掲載される頃も同じような気温になっていることでしょう。休みの日が暑いのはともかく、お仕事の日が暑いと途端にやる気を失くすおいちゃんです。

さて、そんなこと言っていても、来るべき秋にむけて、街乗りアイテムは着々と揃えておきませんとね。今日はこんなデイパックを探してきましたよ。


narifuri Jacquard Camouflage Day Pack

ギミック満載のバッグもそれはそれで楽しいですが、意外に早く飽きたりしません?。実は長く愛用するものって、シンプルでなんの変哲もないものだったりするんですね、おいちゃんの場合。デイパックもそう。高校時代、OSTRICH のフロントバッグでジテ通してましたが、2年からブルーのデイパックに変わり、卒業するまでずっと使っていた経験があります。大好きだったんだよなぁ、あの頃のデイパック。

そんなオヤジの思い出話はともかく、現代のデイパック、しかも narifuri が手掛けたら、こんな表情を見せてくれることとなりました。narifuri の定番とも言える JacquardCamouflage 柄になると、シンプルさがかえって映えますね。何気に気に入ったのが、ボトム部分がしっかりスクエアになっていること。自立してくれるデイパックは便利です。


大きめのサイドポケットには、ボックスプリーツ付きなので、嵩張る荷物を入れる時に助かります。


こんな感じで、拡がってくれるんですよね。


フロントのフラップ付きポケットの内側は、PVC コーティングを行い、防水性を高めています。これも narifuri お約束ですね。


当然、メインコンパートメントにも採用されています。


ファスナー開口部はほとんどボトム付近まで開くため、下の方に入れた荷物へのアクセスも簡単にできます。


掴みやすいようにやや長めになっているファスナーの引き手には、ミルスペックのパラコードを採用、畜光ビーズも装備してあるので、夜間の被視認性確保にも役立ちます。


DEUTER などを見慣れた目にはいささか頼りなく見えるバックパネルですが、昔はみんなこうだったんですよねぇ。モガくような走り方しないなら、秋口ならなんとかギリ及第でしょう。


容量は 15L なので、一日分の荷物は問題なく収納できるでしょう。背負った感じは、男性なら大き過ぎず小さすぎず丁度良いくらいかな。

【仕様】

サイズ W34 x H46 x D14 cm
素材
 表地:ポリエステル100%(裏側 PVCコーティング)
 裏地:ナイロン100%
 背部・底部:ナイロン100%
 テープ:ポリプロピレン100%
 部分:牛革
原産国 JAPAN
重量 430g


こちらのデイパック、Dry Denim という生地違いのモデルも用意されています。

【仕様】

サイズ W34 x H46 x D14 cm
素材
 表地:綿75%、ポリエステル25%(裏側 PVCコーティング)
 裏地:ナイロン100%
 テープ:ポリプロピレン100%
 部分:牛革
原産国 JAPAN
重量 540g

おいちゃんは Camo のほうが好みかなぁ。でもねぇ、家のスナイパーに「なんか Camo 柄って、中高年のオヤジっぽさが全開というイメージだから、あんまり好きじゃないんだよね」という致命的な暴言を浴びせられているんですよね、、、どーしよっかな~~~

(from TOKYO Wheels)

※ Amazon はこちら。



関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back