calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
928

SCHAEFFLER FAG VELOMATIC Automatic Gearshift System

水曜日の名古屋はほぼ終日曇りでした。蒸し暑かったものの、やや気温が下がって来たおかげで、久しぶりに冷房なしで過ごせました。勿論まだ暑いんですけど、節電にも貢献したいですし、懐を温めるためにも小さなことからコツコツと行きませんとね。最高気温30℃位なら、なんとか仕事もできましたよ。何度か眠りこけたのはナイショですw

さて、そんなネムネムなおいちゃんですが、ちょいと気になる製品が出てきたので、ピックアップしてみましたよ。


SCHAEFFLER FAG VELOMATIC Automatic Gearshift System

EUROBIKE AWARD 2014 を受賞したオートマティックギアシフトシステム。登り下りや平坦のいずれでも、ケイデンス、パワー、スピード、勾配等から常に最適なギア切替えのポイントを算出、自動的にシフトしてくれるというスグレモノです。自動車でいうところの AT ですね。


構造分解図がこちら。第二外国語で独逸語を選択したおいちゃんにはこの程度の独逸語はなんてこたぁないのですが(嘘)、念のため原文のまま掲載しておきましょう。つまり、読めるもんなら読んでみな、とw まぁ冗談はともかく、プラネタリーギア変速機とロールベアリングの間にクラッチを咬ませ、電子制御システムで算出したギアの切り換えポイント通りにシフトする、という構造を見ると、非常にシンプルな自動車の AT と似ていることがわかりますね。本体と少し離れた後方にコロンと鎮座しているのが、、、、


こちらのコミュニケーションモジュールです。これがスマホアプリ VELODAPTIC とギアシフト、ドライブトレーンの情報を結び付けている訳です。通信規格は ANT+, BLE, CAN, CANopen, LIN のいずれにも対応しています。


こちらはオプションの Electric Switching Module. これをハンドルバーに装着しておけば、マニュアルモードでのギアシフトができるとのことです。熱暴走リスクとか考えると、こいつは必須でしょうなぁ。真夏の登坂時に熱暴走してくれちゃったりして、どんどんトップ側に勝手にシフトされたら、立ちゴケ確実ですものね。貧脚のおいちゃんは絶対買いますw


しかし、これを導入したら iPhone は絶対に走行中に操作できる場所に設置しないといけませんね。いえ、別にバックポケットの中でもいいにはいいんですが、VELODAPTIC 使うならステム周辺に設置する方が便利ですから。このアプリは、スピード、ケイデンス、パワー、トルク、勾配、距離、位置、高度、消費カロリーなどの表示に加え、パワー、ケイデンス、トルクなどの走行データの統計処理も可能だそうです。

これを装着したら、Ergopower などからシフトレバーがなくなるので、ハンドル周りはすっきりするのかもしれませんが、AT 車を運転する時と同じように、「自分の好きなタイミングでシフトしたいのになぁ~なんか違うんだよね、、、」みたく感じるんでしょうね。車でもマニュアルシフトがつい気になるおいちゃんは、きっとそうです。なにせ、AT 車にするとしても絶対パドルシフト付きを選ぶ性質なんですから、、、

現時点では日本に導入されるかどうかは不明とのことです。もし入ってきたら、個人的には電動アシスト + FAG VELOMATIC で週末サイクリング用のロードバイクを組んでみたいな。

(from SCHAEFFLER AG, eBikeNews, BiCYCLE CLUB)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back