calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
935

CERVÉLO S5 2015

水曜日の名古屋は朝だけ晴れてあとは曇りの一日でした。またまた夏日になったので午後は眠くなりましたが(やはり眠こけてばかりいますな)、結構今日は耐えて仕事しましたよ(当然だな)w でも、明日から週末を超えてずっと雨模様だそうで、早くも秋雨の日々がやって来たようです。すかっと晴れてくれんかねぇ、、、

せめて新製品情報だけは明るく楽しく見ていきましょう。今日は時々魅力を感じるフレームにフォーカスしてみましたよ。


CERVÉLO S5 2015

CERVÉLO というと RCA とか P シリーズを連想する人が多いかもしれませんが、おいちゃんは個人的にこの S シリーズが一番気になるんですね。R は坂バカ御用達ですし、P は真性ガチ勝負上等野郎御用達ですから、「できるだけ楽して速く走れるといいな」という不心得者のおいちゃんとしては、S は魅力的なんですw

2015年のトップモデル S5 は、持ち前のエアロは勿論、汎用性やフレーム全体の剛性などを見直して正常進化したモデルとのことです。


まず目を惹くのがハンドル形状です。CERVÉLO によると、空気抵抗というやつはハンドルバー周辺が一番大きいそうで、アップバーを TT 用ベースバーみたく前後方向に長い翼断面形状とし、上下方向にはペラペラにしたとのことです。ヘッドチューブは1 - 1-3/8 インチの上下異径で剛性は35% 向上させているそうです。ガッチリしてますね。


é マーク入りのなかなか贅沢なパームレストになってます。逃げる時にはここに両腕を載せたクラウチングスタイルとかとりやすそうです。しかし、GARMIN 等のサイコンはステム上にしか装着できませんな。


クランプ部にはこんなホールが開けられていて、ステムキャップスタイルのステムに対応できるようになっています。でもここって小さな Turbulence が起きそうな所ですが、問題ないんでしょうか、、、これだけの容積がありますから、ケーブル類はみんなインターナルルーティングです。しかし、この角度から見るとハンドルバーがエイさん(≠A3)とか Hammer Head Shark にも似てますね。


重さ 270g(420mm) のハンドルはセミコンパクトとでも言うべきか、ドロップ/リーチは 128/80 mm となっています。肝心のエアロ効果はというと、従来型比でハンドル単体では4.4W, トータルでは 21.3W の出力低減となったそうです。

この S5, エアロ効果を最適化する前提として、バイク単体ではなく人間が乗車した状態で CFD 解析を行い、構成要素ごとの空気抵抗を計算してデザインする SYSTEM THINKING という手法を採用しているそうですが、、、これってニュースバリューあるんでしょうか?

といか、空気抵抗を削減するための自転車デザインって、人が乗っていない状態でテストする意味ってないでしょ、というのがおいちゃんの見方なんですが、間違ってたらごめんなさい m(_ _)m。 ナイトライダーみたいな自転車ならともかく、フツーなら人は絶対乗ってますからw 標準的な体型のライダーを基準にして算出するのが当然だと思うんですけど、、、、


ま、気をとりなおして、と。例によってケーブルはトップチューブのここから入ります。紐だと絶対引きが重くなりそうですが、電動なら問題ないでしょうね。


フォークブレードは従来型よりも幅が広くなって、横剛性も17% 向上させたそうです。見た目でやや太くなったように思っていたら、やっぱりそうでしたか。その分薄くなっているのでしょう。


ダウンチューブとフォークは滑らかなカーブを描いてつながる形状になり、ダウンチューブの位置自体もタイヤとの間隔が詰められました。これもエアロ効果を高めるためですね。


ダウンチューブも基本はエアロフレーム定番の翼断面形状ですが、ボトルケージが装着される部位周辺は、ボトル装着時の空気の流れが最適化されるようデザインされています。


BB は CERVÉLO お得意の BBright で、左右非対称形状になっています。



BBright を生み出したアシンメトリックデザインはステーにも引き継がれ、左右のチェーンステーとシートステーの形状の違いにも反映されています。


シートチューブは例によって綺麗にリアタイヤをカバーする形状。これも最早 S シリーズの伝統ですね。


ちょっと意外だったのは、ブレーキとその周辺のフレーム形状です。他メーカーのエアロフレームが挙って採用したダイレクトマウントブレーキやフレームにインテグレイトされたブレーキではなく、フツーのキャリパーブレーキを採用していますね。信頼性の問題なのか、はたまたその手のブレーキは P シリーズ専用装備とするのか、、、その辺りは CERVÉLO のフレーム造りの哲学なんでしょうね。


この写真だとちょっとわかりにくいですが、シートピラーのクランプ方式はピラー前方のトップチューブに内蔵された臼によるものです。スマートな仕上がりでエアロ効果にも一役買ってます。


ヤグラはモノリンクと似た形状ですが、ちゃんとダブルレールをクランプするタイプですから、股間への攻撃力は危惧するほどではないかもしれません。でも BB 剛性もちゃんと 6% 上がっていることですし、ナメてかかると結構な衝撃を喰らうかもしれません。

さてこの S5, 本国でのサイズ展開は 48, 51, 54, 56, 58, 61 となっていますが、現時点では日本導入モデルのサイズや価格等は不明です。おいちゃんなら多分 56 or 58 なんだろうけど、きっとお高いんだろな~ 詳細等が判明して気が向いたら追記します。

(from Cyclowired.jp, BIKERADAR)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back