calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
963

MAVIC CXR ULTIMATE SHOES 2015

名古屋は木曜日もなんだか蒸し暑い一日でした。これから台風の影響で徐々に下り坂の天気になるのでしょう。今回の台風が過ぎ去れば爽やかな空気に入れ換わるでしょうから、体育の日あたりの連休を楽しみにしましょうね。でも今週末はダメだろうなぁ、、、

さて今日は、遠くからでもやたらと目立つ足元といえばこれ、というシューズの2015年モデルを見てみましょう。


MAVIC CXR ULTIMATE SHOES 2015

シューズカバーが要らなくなる MAVIC のエアロシューズ。考えてみれば今までなかったほうが不思議なくらい、非常にシンプルな発想と構造でできあがっているので、思わず「あ、なるほどね」と膝を打ってしまいました。表現が爺だな、、、


アッパーにはなにやら不自然な膨らみが二つありますが、、、


こちらが御開帳の図。予想通り A top lacing system が隠れていました。


造りにお仏蘭西チックな粗さは感じるものの、ま、BOA の一種ですから装着感や操作性に優れることは間違いないでしょう。SIDI のように一気にテンションを開放するボタンがなくて、くるくる回すだけの操作方法のほうが、勝負時に間違って手が当たってシューズから足が抜けるなんて笑えないトラブルも起きないので、シリアスレーサーには歓迎されるんじゃないでしょうか。


足の内側のアッパーは今までのモデルとほぼ変わりない構造のようですね。フラップとの融合はごく自然な仕上がりですし、フラップが追加されても片足で 260g に抑えられているので、まあ上等でしょう。


アウターソールは ENERGY FULL CARBON SLR で、3穴タイプ爪先部分と土踏まず部分に大きなエアベンチホールが開けられています。カッチカチなのは間違いないでしょう。

見た目を気にするおいちゃんとしては、フラップのファスナーが止水タイプじゃなさそうなことと、フラップ内部に汚れが溜まりそうなことですかね。今のところ US$399.95-, €300- ということですので、日本では50,000円切るかどうか、というタグが付くんじゃないでしょうか。シューズカバー代が要らなくなれば、手が届くかな?

(from BIKERADAR)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back