calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
968

TIME SKYLON AKTIV

月曜日の名古屋は、予想よりは台風の影響が軽微にすみ、風は強かったものの午前中から青空が広がりました。でもお隣の静岡浜松に上陸したので、静岡、神奈川、東京、千葉、茨城といった地域では大変な状況になってしまいましたね。流石のおバカさんたちも今日はジテ通を自粛していたでしょうが、被災された皆様にはお見舞いを申し上げます。早くノーテンキにロードバイクに乗れる日が来ますように、、、

さて今日は、ちょっとブルーな気分を吹き飛ばすにはもってこいの飛び道具を見てみましょう。


TIME SKYLON AKTIV RED

開発期間なんと 10年を経て世に放たれた TIME 乾坤一擲のワンピース新型エアロバイク。フロントフォークに搭載されるTuned Mass Dumper は、おバカさん達が最も不快に感じる 25~50Hz の低周波帯の振動を減衰するものであり、これまでカーボンフォーク自体が振動することで減衰してきた考え方とは一線を画するギミックです。その他にも新しいアプローチがテンコ盛りです。


こちらが AKTIV フォークの中身。詠唱としては Integral RTM fork なんだそうですが、こんな感じになっているんですねぇ。これで従来品比 30%もの振動減衰効果があるそうです。


2つの板ばねとダンパーのサンドイッチ構造で振動を減衰するこの仕組み、一度乗って実感してみたいものですね。MTB のフロントサスペンションとはちょっと違うんでしょうけど、手にビシビシくる感じが減るのはアラフィフには魅力的です。


ちなみにこちらはノーマルフォーク。このモデルも AKTIV の名を外した素の SKYLON としてラインナップされています。フォークメーカーとしても数多くの名作を世に送り出した TIME ですから、このフォークも逸品だといいですね。


BB はこれまで BB386 やプレスフィットだったのが BB30 というポピュラーな規格になりました。これで BB を交換したいおバカさんの好みにも応えてくれるでしょう。BB に集合する各チューブはワンピースモノコックフレームらしい大口径ボリュームになっています。


フレーム全体のねじれ剛性はZXRS 比30%、BB 周辺ではなんと 45%もの剛性向上となっているそうで、かつて絶賛された乗り心地がどう変化しているのかが気になるところです。


ZXRS では凸となっていたトップチューブ前端部分の形状は、モノコック全体での最適化のおかげでずいぶん自然なシルエットになりました。この Y 字っぽい部分のデザインがその名残りなんでしょうかね。


トップチューブが翼断面形状のシートチューブにむかってテーパードされていくのも今のトレンド通り。シートステーの取り付け位置の低さったらありゃしない。


ご覧の位置まで下がっている訳ですね。ここに T のロゴが入るのは ZXRS 譲り。モノコックモデルになっても、DNA は脈々と受け継がれています。


ヘッドチューブは上下異径ヘッドで、1.5インチのテーパードコラムで、フォーククラウンにも滑らかに繋がる形状になっています。これはつまりフォーククラウンの形状もゴツくなったことを意味するので、剛性向上は相当のものでしょう。


ピントがステムキャップに合ってますけど、このショットのほうがフォーククラウンがゴツくなったのがわかりやすい、かも?



しかし、このステムとハンドルバー、美しい仕上がりですね。フレームセット販売の場合はこれが付かない、というイジメに合います。悔しいから別売りでも買っちゃうというおバカさんは、見事に TIME の策略に嵌ってしまうのでしょう。「それでもいい!いいんだぁ~!}という方ばかりでしょうね。

カラバリは4色です。


TIME SKYLON AKTIV PLASMA


TIME SKYLON AKTIV TEAM


TIME SKYLON AKTIV WHITE

販売形態は完成車売りとフレームセット(ハンドルバー、ステム別売り)の2つで、完成車のコンポは SUPER RECORD EPS と紐、ULTEGRA Di2 と紐、というアッセンブルになっているようです。なお、電動コンポで組む場合は、SKYLON 専用電動パーツキットが別途必要になるとのことで、お布施がどんどん高額になっていきます。もともと高額フレームですから、\570,000-(税別)という金額に驚きはしませんが、完成車価格で \1,500,000-超となると気軽に手を出すわけにもいきませんかね。でも、考えようによっては消費税が 10%に上がる前ならなんとかなるんじゃ、、、すみません、私が悪うございました m(_ _)m

(from TIME, DINOSAUR, road.cc)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back