calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
975

PANARACER GRAVELKING

連休最終日は台風の直撃を喰らいました。全国のおバカさん達も大丈夫でしたか?幸いにもおいちゃんの近所では特に大きな被害もなく過ごせましたが、被災された方にはお見舞いを申し上げます。早くノー天気にペダルを漕げるようになるよう、祈っております。

さて今日は、台風一過で道路上にはパンクの原因となるゴミが散乱していても大丈夫なタイヤを見てみましょう。


PANARACER GRAVELKING 32c & 23~28c

タイヤ全体に補強材を装備したアンチフラットケーシングを採用し、未舗装路(グラベルロード)での貫通やリム打ちパンクのリスクを低減化したタイヤ。一般的なロードバイク用といえる 23c, 26c と、相当なエアボリュームを誇るクロスバイク用の 28c, 32c の4種類の太さ、タイヤサイドのカラーは Black と Brown の2色のラインナップで登場しました。


左が 32c, 右が 23~28c のトレッドです。32c のブロックパターンは割とわかりますが、それ以外のトレッドはよくわかりませんね。


23~28c のトレッド面を拡大するとこんな感じ。センターはヤスリ目、サイドはスギ目ということがわかりますね。


32c のトレッドパターンは、いかにも悪路走破性が高そうなブロックパターンです。

タイヤそのもののグレードは、レース用タイヤとして有名なハイエンドモデルの RACE シリーズと同じですし、走破性の高さと耐パンク性能も高いとなると、おいちゃん的にはジテ通用にもってこいでしょう。それにこれ、結構リーズナブルなんですよね。ファーストバイクには CORSA EVO とか装着していても、街乗り用バイクに同じタイヤを使うわけにもいかないし、、、というお父さんにとっては、パンクもしにくいし安いし、でいいんじゃないでしょうか。

【スペック】

サイズ:23C、26C、28C、32C
重量:258g(28C、実測値)、324g(32C、実測値)
推奨空気圧:700~875kPa(23C)、735kPa(26C、28C)、200~650kPa(32C)
カラー:黒/黒オープン、黒/茶オープン

(from PANARACER, Cyclowired.jp)

※ Amazon は一列目が black/black, 二列目が black/Brown で、左から 23c, 26c, 28c 32c となります。





※ ここから楽天ショップです。上が 23c, 26c, 28c で、下が 32c です。

Panaracer/GRAVELKING(パナレーサー/グラベルキング)

価格:4,197円
(2014/10/13 20:59時点)




Panaracer/GRAVELKING(パナレーサー/グラベルキング)700×32C

価格:4,485円
(2014/10/13 20:59時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back