calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
986

SPEEDPLAY ZERO PAVÉ Titanium & Stainless

金曜日の名古屋は気持ちの良い晴天に恵まれました。この週末はどうやら晴れ続きのようで、おいちゃんご機嫌です。おバカさん達も喜んでいることでしょう。来月に入ると途端に寒くなりそうな気もしますので、走り始めはやや寒いでしょうが少し走ればこれほど快適な陽気はなかなかありませんから、精々あちこち駆け回ってくださいね。

さて今日は、あのスターに憧れているおバカさんにおススメしたいペダルを紹介しますよ。


SPEEDPLAY ZERO PAVÉ Titanium & Stainless

その名の通り、パヴェなどで泥が詰まってしまわないように工夫された SPEEDPLAY ZERO. Paris Roubaix や Ronde van Vlaanderen などで FABIAN が使用したモデルをベースにして、チタンシャフトとステンレスシャフトの2種類のラインナップでリリースされました。今のところ、日本国内ではステンレスモデルだけが流通しているようです。では順番に見てみましょう。

SPEEDPLAY ZERO PAVÉ Titanium

基本設計はノーマルの ZERO を踏襲、プラスティックのお団子は外してクリート固定に必要なコンタクトポイントは残すという泥詰まり対策と耐久性を向上させる工夫が施されています。ハイエンドグレードのお約束ともいえるチタンシャフトモデルは、スピンドル長 50mm、コーナリングクリアランス39度なので、思う存分倒し込めます。おいちゃんはそのままコケることでしょう、、、あ、重さは 94g / 個です。


ペダルの固定角度、クリートの前後左右位置をそれぞれ別個に微調整できるところは ZERO と同じです。しかし、カラープラスティックお団子がなくなるとグレードがわかりにくくなりますねぇ。


分解掃除や部品交換、グリス注入などがしやすいのも SPEEDPLAY の良い点ですから、一度「脚に合う」と実感したおバカさんが信者になるのは頷けるところです。


神々しいチタンの煌めきが高級感を否が上でも盛り上げてくれます。陽射しの元だとチタン特有のカラーを発しますのでわかる人にはすぐわかってもらえることでしょう。

次はステンレスモデルです。


SPEEDPLAY ZERO PAVÉ Stainless

ボディ部分をインベストメント鋳造、つまり複雑な形状でも簡単に製造できる方法で成型しているので、高強度を実現したステンレスモデル。チタンほど扱いに気を遣わないで済むのもいいですね。素材自体に高強度のセラミックも混入されているそうで、高強度とクリートキャッチのスムーズさを両立しているのがご自慢とのことです。


チタンモデルと同じアングルで撮影されたステンレスモデル。違い、わかりますか?よ~く見ると、こちらのスピンドル長 53mm なんです。 3mm の違い、意外にわかりますね。直接比較したい方は最初の写真をもう一度見てみると、微妙ながらもはっきり長さが違うことがわかりますよ。ただ、3mm 長い分、コーナリングクリアランスは37度と 2度減りました。ま、おいちゃんなんざどのみちここまで倒し込める訳はありませんけどね。なお、重さは115g/個と、結構重くなっています。いや、軽いんですが、チタンがあまりにも軽いので錯覚しました。


シャフト中心軸と踏み面の距離はこんな感じ。この構造のお陰で、スタックハイトは4穴取付の場合 8.5mm, 3穴の場合はアダプタが必要な分 11.5mm となっています。


クリートセットはこちら。レッドカラーはこのパヴェだけの特別色です。ちなみに重さは4穴仕様 82g, 3穴仕様 130g となっています。右から2つめのステンレスパーツは4穴用のプロテクターです。div>
本来スピンドル長は 50/56/59/65mm から選択できるそうなんですが、この手の商品の場合、注文してもいつ来るかは SPEEDPLAY のみぞ知る、といったところでしょう。それなら、手に入れてから別注するという手もあるでしょうし、そもそも素人くんだりがそこまでスピンドル長に拘るメリットはそれほどないようにも思います。ま、これは好き好きでしょう。おいちゃんはそこまで拘りないんで、あるものポン買いしちゃいますけど、ね。

(from SPEEDPLAY, JP SPORTS GROUP)

※ 楽天ショップには Stainless モデルしかありませんでした。

【モバイルからエントリーでポイント10倍】スピードプレイ ロード用ビンディングペダル ゼロ パヴェ/ZERO PAVE【SPEEDPLAY】【18日10時より開始】【10P20Oct14】

価格:32,853円
(2014/10/24 14:32時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back