calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
989

DK CITY D2R SHADOW + APP Trainer

月曜日の名古屋は朝は雨上がり直後だったものの、お昼頃から晴れ間が覗きはじめ、比較的暖かい一日になりました。夜はぐっと冷えたので、寒がりのおいちゃんとしては明日以降の冷え込みが思いやられ、はやくも今週のワークモチベーションがダウンしましたとさ。このモチベーションの低さで一週間、しかも月末を乗り切れるとも思えないので、明日から心を入れ替えてお仕事しますよ。そう、明日から、ねw

さて、寒くなってくると同時に自宅に引きこもりがちになるおいちゃんは、今年の冬こそ強くなるためのトレーニングをするつもりで、こんなトレーナーを探してみましたよ。


DK CITY D2R SHADOW + APP Trainer

台湾のランニングマシンや電動アシストバイク等のメーカー、DK シティがリリースしたリアルな走行感で楽しくトレーニングできるローラー。無料ソフトの Run on Earth を使えば Google Map で世界中のあらゆるところを走れます。


こちらはマグネット式負荷装置の冷却ファン。ペダリングと連動して動きますが、作動音はごく僅かなボリュームに抑えられているとのことです。

実際の音に関しては、こちらの動画が参考になるでしょう。



この程度ならマンション住まいのおいちゃん家でもまあなんとか許容範囲内でしょう。武骨なゴムブッシュがキュートwですが、バイクを左右に振った時の挙動はやや不自然で、あまり褒められたものではないような気がします。


リアエンドの固定はこのレバーで行います。左右それぞれにワッシャーが2枚ずつセットされているので、その間にエンドを入れて固定しましょう。スペーサーを挟んで130mm/135mm のエンド幅に対応可能です。なお、レバーがやや長めなので、ペダリングする時に踵が当たらない位置に固定するように注意してくださいね。


負荷ユニットを支えるゴムブッシュがリアルな走行感を生む秘密です。メーカーはこれで「ダンシングにも対応できるんだぜ」的 PR をしているんですが、実際にテストしたおバカさん仲間のレビューによると、「ダンシングのように大きくバイクを振ることはできないうえ、直立状態に戻ろうとする復元力が強く、リズミカルにダンシングできるとは言い難いね」とのことでした。ただ、シッティングでもがくシーンでのインプレは好評で、「シッティングでの全力走行はリアルなので、おススメよん」ですと。


考えてみれば、これだけの左右幅でしか振れないなら、身体の軸とバイクの軸が大きくずれるようなダンシングには対応できまへんわな。要するに、シッティングでのもがきなら3本ローラーばりのリアルな走行感が得られると思っておくほうが良さそうです。

では、動画をどうぞ。



実走を連想させるシーンなんざ修行を連想させますねw なにが彼をそこまでさせるのか、、、


なお、占有スペースはかなりの広さになります。ローラー自体のサイズが W 1261 x D 699 x H 548 mm で、バイクと合わせれば3畳分位は欲しいところでしょう。はっきりいって相当邪魔です。おいちゃん家ではスナイパーに撃たれること間違いなし。


でも、折り畳めばコンパクト、、、にはなんないですね。この状態でも W 368 x D 699 x H 548 mm ですから。しかも、重さは26kg 程度もありますので、一度設置したらまず動かせません。設置にはご家族の理解と協力が不可欠でしょうね。

続いて、Run on Earth について。


iOS 機器、まあこの手のローラーと組み合わせるなら iPad ということになりますが、iPad に Run on Earth をダウンロードして、Google Map が持っている情報をもとに自動的に負荷がかかる仕組みになっているんですね。ルート設置は自由自在なので、、、


坂バカならこんな感じで日本全国の激坂制覇とか、TDF の死の山チャレンジとか、いろいろ楽しく逝けそうですw


Google Earth は日々刻々と更新されているので、以前走ったことがあるコースが最近どう変わったのか、とか、これから走る予定のコースのロケハンは勿論、どれ位死ねるのか、それとも仲間は激坂に行かせて内緒で自分用迂廻路を探すとか(をい)、いろいろ使い道はありますねw

また、写真にはありませんが、ハンドルバーに設置する負荷調整用レバーのアタッチメントにはちょっと注意が必要です。これ、31.8 mm 径のメガハンドルバーだと固定用のネジがちょっと短いので固定しにくいというおまけがもれなくついてきます。自分でもう少し長いネジに交換するほうが良いでしょうね。フツーサイズのハンドルバーなら問題ないので、これは各人でご対応ください。

ダンシングにも対応してくれるという触れ込みに期待し過ぎるとちょっと裏切られる可能性はありますが、3本ローラー並みの走行感が得られながら静音性に優れるローラーだと考えれば、同じような機能をもつ他社製品よりもコスパは良いので、買いかもしれません。どうしてもダンシングしたいなら、例のアレを買うほうがいいと思いますよ。

【仕様】

負荷装置 マグネット方式 8 - 800W
対応ホイール径 20~28inch
サイズ
 使用時 W 1261 x D 699 x H 548 mm
 収納時 W 368 x D 699 x H 548 mm
重量 26kg

(from DK CITY, PAFERS TECH Co.,Ltd, TRI SPORTS, CYCLE SPORTS, Cyclowired.jp, BiCYCLE CLUB)

※ 楽天ショップにありました。が、12月入荷予定 orz



関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back